呼吸が浅いと起こる不調を解決!頭痛&目の疲れに作用するヨガポーズ2つ

Toru Tokunaga

呼吸が浅いと起こる不調を解決!頭痛&目の疲れに作用するヨガポーズ2つ

その2:ライオンのポーズで、息を吐ききり深く吸える状態に

お腹の底から息を吐ききることで、次に深く吸えるようになり、酸素を十分に取り込むことができます。呼吸を浅くするストレスも、一緒に吐き出すイメージで行って。

A
Photo by Toru Tokunaga

HOW TO

正座になり、両手を膝におく。腰を軽く反らし、胸を上げて軽く息を吸う。目線を上に向け、思いきり舌を出して、お腹から一気に息を吐ききる。これを2回繰り返す。

教えてくれたのは...佐藤ゴウ先生

IHTA理事、ヨガティーチャー。YMCにて各クラスを担当、近年は男性にヨガを広めようと、様々なイベントで「男ヨガ」を開催。他にもヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」を展開している。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Toru Tokunaga
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
A
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する