「外見への自己嫌悪」を極めても人生の役には立たない|"自己嫌悪山"から下山するために今すべきこと

Nao Yoshino

「外見への自己嫌悪」を極めても人生の役には立たない|"自己嫌悪山"から下山するために今すべきこと

吉野なお
吉野なお
2020-08-30

「自分を変えたい」というアクションに対して、ずっと自己嫌悪山に立ち止まろうとすることは一番の遠回り。例えば「太っている」ことが嫌だったとしても、それをただ責めたところで急に太っている自分を好きになったり急激に痩せたりしませんし、自分で自分をブスだと思い込んだままでいると、いくら誰かに「あなたは美しい」と言われても、なかなかその言葉を受け入れられません。自己嫌悪山にいながら、いきなり自分を好きになろうとするのは難しくて当たり前。

そこから脱却するためには、まず「太っている自分を好きになれない」なら「太っている自分は嫌いじゃない」という思考へ変化させること、「自分を美人だと思えない」なら「自分はブスではない」という思考へ変化させることが必要です。自分が自己嫌悪山の登山者だと気付いたら、そうして少しずつ回れ右をして下山する癖をつけることだと思います。積もり積もってできた自己嫌悪山の頂上に『自分を好きになる秘宝』はないのです。

もうひとつ、自己嫌悪山からの下山に関して大事なのは「誰かの助けを待つこと」や「誰かに言われたからこうする」ではなくて「山を降りる」と自分で決めて、自分の足で下山すること。

私の場合は「世の中にはいろんな人がたくさんいるのに、このままずっと、私はおばあちゃんになるまで自分の体型ばかりを気にしたり過食症に悩んだまま生きるの?」と自問自答し、「それって実はとても損した生き方かもしれない、今までずっと自分の体を嫌いでいたけれど、受け入れてみたらどうなるんだろう?」という思いに至ったのがきっかけでした。

それまではずーっと痩せることばかり考えていましたが、痩せることを諦める、というよりも、まず『どんな体でも自分の体を受け入れてみよう』と思えたのです。一気に飛躍しようとせず、その間にある落としどころを自分で見つけられたことで自分の心の声をよく聞くようになり、私は少しずつ心身ともに回復していきました。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

吉野なおコラム山写真
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する