乙女座 7/3~7/16 の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

乙女座 7/3~7/16 の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2019-07-03

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

乙女座 9/17 – 10/17

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

乙女座
乙女座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

7 月3日は双子座にて新月、日食です。ナクシャトラ(※1)はアールドラ(※2)、破壊神であるルドラが支配し、シンボルは浄化の涙、すべてのものを洗い流してくれる春の嵐のような涙です。革新的であり開拓精神にあふれた力強さを持つと同時に、人の苦しみや悲しみに寄り添い、助けていくような優しさを併せ持ちます。日食ということで大きな変革の波が訪れ、浄化、そして静寂へと向かっていきそうな流れです。

乙女座の支配星の水星は火星の影響を受けるため、何かやりたい、動きたい、といった気持ちが高まってきます。太陽は仕事のエリアを運行し、日食の影響を受けますので仕事では一筋縄ではいかないことに巻き込まれてしまいがち。あなたは孤軍奮闘するも周りの人は協力してくれない、どうして自分だけが…といった不満が出てきそう。ただ、この時期あなたが何気なく発した不満の一言が周りの人たちを不愉快な気持ちにさせてしまう可能性があるため、職場での言葉には要注意です。

恋愛に関しては、金星が双子座へ移動し安定モードから緊張感へと様相が変わってきそう。恋人がいるあなたは少し距離を置いてみて、関係性を見直してみるといい、そして相手の出方を待つようにするといいでしょう。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(アールドラ):27ナクシャトラの中の1つ、支配星はラーフ、改革への衝動と痛み、ひいては浄化を促すナクシャトラです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

乙女座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する