マタニティヨガ:プレママにオススメのバランスを保つ6つのポーズ

LAUREN LAZICH

マタニティヨガ:プレママにオススメのバランスを保つ6つのポーズ

KARLY TREACY
KARLY TREACY
2018-03-23

花輪のポーズ(マラーサナ)

妊婦ヨガ
(Photo by LAUREN LAZICH)

注意:このポーズは胎児が逆子状態にある場合は避けること。

スクワットのときのように腰を低くする。両足は、腰を沈めるのに十分なだけ離す。胸の前で両手を合わせる。膝の内側に肘を押し込むようにする、逆も同様に(膝の内側で肘を押し戻すようにして)鎖骨の前を大きく拡げ、胸を空に向けるようにする。そのまま6〜8呼吸キープする。もしきつかったら、サポートにブロックを使ってもいい。

開脚前屈のポーズ(ウパヴィシュタ・コナーサナ)

妊婦ヨガ
(Photo by LAUREN LAZICH)

足をV字に大きく開いて座る。90度ぐらいで十分。坐骨の上にちゃんと座れているかどうか確認する。腰が曲がっていると感じるようなら、ブランケットボルスター、あるいはヨガマットを丸めたものの上に腰を下ろして少し高さを出し、坐骨の真上に座れるように調整する。両脚に均等に体重をかけるようにしながら、膝と10本の足指をすべて空に向ける。背筋を伸ばしたまま、支えるために両手を前におき、前方に折りたたむように体を倒す。そのまま8〜10呼吸キープする。

支えのある亡骸のポーズ(シャヴァーサナ)

妊婦ヨガ
(Photo by LAUREN LAZICH)

ボルスターの下にブロックをふたつ置き、寄りかかれるようにする。頭の下のブロックのほうが、中央のブロックより常に1段高くなるようにする。ボルスターの上に仰向けに寝る。バッダコナーサナ合せきのポーズ)、あるいは両脚を真っ直ぐ前に伸ばすポーズでは膝の下にもうひとつボルスターを入れる。5〜10分間、このままゆっくりと心身を休める。

  • 2
  • /
  • 2

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

妊婦ヨガ
妊婦ヨガ
妊婦ヨガ
妊婦ヨガ
妊婦ヨガ
妊婦ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する