オフィスで座り疲れたら…NY発「TAXI YOGA」メソッドを試してみない?

Getty Images

オフィスで座り疲れたら…NY発「TAXI YOGA」メソッドを試してみない?

「タクシードライバーたちは一日中座り続けなければならず、たくさんのストレスにさらされているんだ」と、ウォルシュは言う。「ヨガの指導を深める一環として、僕はタクシードライバーたちのために、クラスを無償で行っているんだ。なぜなら、ひとりのタクシードライバーとして、ヨガがいかに僕たちに恩恵をもたらすかが分かったから」。ウォルシュとヴォロは、60分間のジェントルフローのクラスを毎週行っている。参加するのは主に男性で、チャンティングなどのスピリチュアルな練習よりも、呼吸法やストレッチを好むという。「一度でもヨガにトライすると、誰もがその心地よさを感じてくれるんだ」。ウォルシュ自身も、12時間というハードなシフトをこなすため、サーマ・ヴリッティ(均等呼吸法)を車の中で練習するようにしている。「それは座ったままの瞑想になり、気持ちをリラックスさせ、いつでも理性を導いてくれるんだ」。

オフィスで座り疲れたらタクシーヨガでリラックス!

タクシーヨガ
(illustration by Greg Clarke)

肩まわし

両肩を耳に向かって上げ、息を吸いながら前に丸めていく。息を吐きながら肩を下げて後ろに戻していく。呼吸に合わせてゆっくりと行おう。反対方向も同様に行う。

背骨と骨盤の伸び縮み

仰向けになり、膝を曲げて足を床に。吸う息で骨盤を肋骨から遠ざけるように上げ、後背部と床の間に空間をつくる。吐く息で骨盤を肋骨に向けて動かし、後背部で床を押す。

手首まわし

背骨をまっすぐにして、両腕を前に伸ばす。手首をフレックスにし、両方の手首と指を上下の方向に動かす。次に、ゆっくり手首を時計まわりと反時計まわりにまわす。

脚の交互伸ばし

仰向けになる。左脚は伸ばしたまま、吸う息で右膝を胸のほうに曲げ、両手で抱える。そのとき、つま先は両方とも体のほうに向ける。吐く息でゆっくりと脚を替える。

  • 2
  • /
  • 2

Translation by Rino Oguchi
yoga Journal日本版Vol.33掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

タクシーヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する