最初は“自分に甘く”が大原則!美味しく、ありがたく味わう「マインドフルな食事」の始め方

PIXTA

最初は“自分に甘く”が大原則!美味しく、ありがたく味わう「マインドフルな食事」の始め方

MEGHAN RABBITT
MEGHAN RABBITT
2018-03-13

3日目:食べることに関するスマートな ゴールを設定する

食事に関する意図を達成するための3つのシンプルな方法がある。

1. すべきことをクリアにする

『Journal of Consumer Research』の記事によればあいまいで柔軟な計画を立てるより、ステップに名前を付け、やるべきことをリストアップすることは、より成功しやすくなる。

2. ハードルを下げて成功を積み重ねる

脳撮像の研究によればドーパミン(幸せな気分にさせる神経伝達物質)の放出が、目標を達成するのに役立つ報酬システムとして働くことが分かっている。『Nature』の記事によると、目標の達成が間近になると、ドーパミンはより強く放出される。「二度とパンを食べない」という無謀な目標を立てるのではなく、たとえば「今日は精製された穀物を避ける」のようなすぐに達成できるマイルストーンを置くことはモチベーションの維持に役立つ。

3. 目標を大切な人とシェアしよう

自分の目標を書いたメールを3人の親友に送ろう。目標を書き出し、それを友人と共有して毎週進捗を報告することは、単に目標を明確にして述べることに比べて、目標を達成する確率が33%上がることがサンラファエルのドミニカン大学カリフォルニア校の研究で分かっている。

By Meghan Rabbitt
translation by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.45

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する