最初は“自分に甘く”が大原則!美味しく、ありがたく味わう「マインドフルな食事」の始め方

PIXTA

最初は“自分に甘く”が大原則!美味しく、ありがたく味わう「マインドフルな食事」の始め方

MEGHAN RABBITT
MEGHAN RABBITT
2018-03-13

やけ食いしたあとの、何とも言えない罪悪感。たくさん食べたはずなのに、心は満たされず、もっともっと食べたいと思う。けれどそこで食べたものの味を、あなたはきちんと覚えているだろうか? 「食べる」ということに、今年はきちんと向き合ってみたい。そんな健康的な食事習慣を身につけたいと思ったら…ぜひ試してほしいのが「マインドフルな食事法」だ。スタートの時期は、とにかく自分に厳しくしないことが大切だ。ハードルは低く、成功したらたくさん褒める。時には不正行為をする...これまで抱いていた「習慣づけは難しい」という固定概念を手放そう。

新しい物事を習慣化して定着させるための第一歩として、自分に対してこんな質問をすることが重要であると、科学は明らかにしている。

望んでいることを明確にすることが、チャレンジを成功させる第一歩

「どんな習慣を作りたいですか?」「どうにかしたいと思っていることをすべて取り除くために攻撃を開始せよ」などと言わないことが大切だ。それよりも、自分の人生で何を望んでいるか、それを明確にし名前を付けることが大切なのだ。まずはこんなふうに始めよう。

By Meghan Rabbitt
translation by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.45

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する