臨床心理士が音声SNS「Clubhouse」を使って考えた「自分を守るSNSとの付き合い方」

Adobe Stock

臨床心理士が音声SNS「Clubhouse」を使って考えた「自分を守るSNSとの付き合い方」

南 舞
南 舞
2021-02-15

ダイレクトにつながれる一方で

良い面も多いClubhouseですが、一方で「しんどいかも」と感じる点もありました。

Clubhouse
ダイレクトにつながれる一方で、音声SNSがゆえのストレスも… photo by Adobe Stock

相手の表情が見えないことでの不安や疲労

Clubhouseは音声配信SNSなので、基本的には声のみに頼ったコミュニケーションとなります。そのため、間合いが分からずに相手と話すタイミングが被って気まずさを感じたり、しゃべることを止めようとしたら違う人が話し始めて「いつ終わればいいんだろう」と終わりの見えなさを感じたり。私たちのコミュニケーションは、言葉以外の目線やジェスチャー、見た目などによる視覚情報が50%以上で成り立っているので、それがない中でのコミュニケーションを求められるとなるといつも以上に疲れてしまうかもしれませんね。

話すことで余計に傷ついてしまう?

Clubhouseでよく見られるのが、専門家によるお悩み相談の部屋。有名な先生やカウンセラーが自分の話を聞いてくれるとなれば、それは話したくなりますよね。しかし、話の内容によっては、その場で解決しないこともありますし、自分の思った答えでないこともあるかもしれません。それがかえって「話したことで余計辛くなってしまった」「公共の場で自分の弱さを見せてしまった」などのダメージになることがあります。本来悩みの相談は、安心・安全な場所で行われることが望ましいと筆者は考えます。これもClubhouseに限らず、他のSNSにも当てはまることかもしれませんね。そういったデメリットがあることも覚えておくと良いでしょう。

 相手のことも自分のことのように感じてしまう?

相手の悩みが現在進行形で続いているものであったりすると、重い感情を伴います。それが聞いている側にも伝わると「苦しい」「しんどい」と感じてしまうことも。「人の悩みを聞くために聞いている」という目的があれば話は別ですが、多くの人はそうではないことの方が多いはずです。心の準備ができていない状態で話を聞くことで、思いがけず自分の中にある心の傷をえぐられるような体験をしてしまう可能性があります。また、ストレスや疲労などで心身ともに疲れていたり、もともと共感性が高い人であったりすると、SNS上での他人の悩みを聞くことで【自他境界(バウンダリー )】があいまいになってしまうことがあります。【自他境界(バウンダリー )】とは、『相手と自分は別のものである』という心の境界線のようなもの。これがあいまいな状態だと、相手の話も自分のことのように捉えてしまい、心の不安定さを引き起こすことがあります。これは悩み相談の場に限ったことでなく、「フォロワーを増やそう!」「フォロワー◯人超えた!」などの、 SNS特有の承認欲求が見え隠れするのを目の当たりにした時も同じかもしれませんね。自他境界があいまいな状態では「この人に比べて自分は…」など、他者と自分を比較して落ち込む。なんてことにもなりかねません。

SNS 疲れ
相手のことも自分のことのように感じて、疲れてしまうことも… photo by Adobe stock

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Clubhouse
SNS 疲れ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する