誰でもできる不眠症解消法とは?質の良い睡眠をとるために

YJ US

誰でもできる不眠症解消法とは?質の良い睡眠をとるために

Hemalayaa
Hemalayaa
2018-03-03

月のいたずらによる不眠症にお悩み?yoga journalのインフルエンサーHemalayaaによると、必要なのは体を揺らすこと、ただそれだけだと言う。

女性がリーダーシップを担い、個人的な権限を持つにつれ、今までになく休息と回復が必要になっている。私はロックな人生を送り、大規模でポジティブな変化に世界中で貢献する、超パワフルな女性達に囲まれている。だが私を含む彼らのほとんどがエネルギーと時間を使い果たしている。

女性にはもっと睡眠が必要だ

皆、良い眠りが必要だ。睡眠は次の日に向けて体を修復する重要な働きを果たしてくれる。あなたの住む神殿―つまりあなたの体―は、夜にはシャットダウンすることが必要なのである。

私にとって、よい睡眠をとることは、数年前まで難しいことだった。ストレスとホルモンの変化で夜中に目が覚め、ほんの数時間しか質のよい睡眠をとることができなかった。睡眠が少なくなればなるほど、怒りっぽくなっていった。

十分に眠りがとれていないとき、体の資源は早く枯渇する。事実、研究で「女性と睡眠の必要性」にかなりの関連があることが示されている。女性はマルチタスクをこなす傾向があるし、男性よりも使う脳の部分が広いので、より多くの睡眠を必要とするのだ。使えば使うほど、休息が必要になるのは納得だろう。不運なことに、もっともパワフルな女性でさえ、心配から眠れない傾向があり(その代表が私)、ホルモンの変化や乱れに対処し(そう、これも私)、または緊急の状況下で、眠りが浅くなったり、感覚が障がいされたりもする(これは最悪!)。

まだ試していないかも?入眠するためのコツ

睡眠不足で、体をサポートし休ませるために、ヨガのポーズから足つぼマッサージまですべてを試していたとしても、私のメソッドは試していないだろう。体を揺らすこと、これがリラックスをもたらし、最終的に眠りに導いてくれるのだ。

子どもの頃、私には足を揺らす癖があった。母親に運が悪くなると言われたのでやめることにしたが、彼女は私がナーバス、または不安になっていると思ったようだった。しかし、それは正反対だった―とても心が落ち着いたのだ。5年前、私の睡眠に問題が出始めた頃、自然に体が動きたがった。なすがままにすると、深い眠りに落ちることができたのだ。

それは道理にかなっていて、揺れる動きは赤ん坊を眠らせるし、大人もハンモックでうとうとするだろう。2011年に出版された『Current Biology』誌の研究によれば、揺れる動きが睡眠のリズムをサポートする感覚刺激となるそうだ。研究では、半分の被験者がロッキングベッドで、残りは動かないベッドで眠るよう言われるというものだった。結果は、揺れる動きが活動状態からリラックス状態までの移行をアシストするということ、睡眠への移行を促進するというものだった。トライする準備はできた?眠れないままではいられない、みんな体を揺らしてロックな人生を!

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

不眠症解消
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する