失恋、離婚etc.喪失感を癒す「ハートオープニングヨガ」って?

PIXTA

失恋、離婚etc.喪失感を癒す「ハートオープニングヨガ」って?

SHANNON SEXTON
SHANNON SEXTON
2017-10-31

POSE6 仰向けのねじりのポーズ

ハートオープニングヨガ
(photo by JOE HANCOCK)

仰向けのまま、右膝を左側に移動させ背骨をツイストさせていく。写真のように左手で右膝をサポートし、右腕は軽くあげ床に置く。このポーズでは重力に体を預けることで、意識的にリラックスすることを目的にしている。目を閉じ、呼吸を感じ、緊張をほどき、今というこの瞬間を感じること。このまま8~10呼吸ほどキープする。吸う呼吸で中央に体を戻し、反対側も同様に行う。最後は両膝を胸の前で抱きかかえる。

POSE7 ボルスターを使ったねじりのポーズ

ハートオープニングヨガ
(photo by JOE HANCOCK)

写真のように胴体と頭部を支えるため、左の腰骨の前にボルスターの角がくるようにボルスターを置く。左膝を曲げ、右頬がボルスターの上にのるよう胴体を横たわらせる。目を閉じ、両腕はリラックスした状態で床に置く。このポーズでは全身の力を抜き、不快感がどこにもない状態をつくる。神経系を休息モードに切り替え、脳やマインドに静寂をもたらす。最低2分間キープし、反対側も同様に行う。

POSE8 パスチモッターナーサナ(西側を強く伸ばすポーズ)

ハートオープニングヨガ
(photo by JOE HANCOCK)

両脚を伸ばして床に座り、ボルスターを両太腿の上にのせる。息を吸って背筋を真上に伸ばし、吐きながらゆっくりとボルスターの上に前屈していく。左右の頬どちらかをボルスターの上に置き、両腕はリラックスした状態で床に置く。目を閉じ、両脚もリラックスさせる。深呼吸を続けながら最低1分間キープ。

POSE9 シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)

ボルスターを背中の後ろに用意し、両脚を床に伸ばして座る。背骨の付け根からボルスターの上にのるように仰向けに寝て、頭部もボルスターにのるよう調整する。両腕、両脚を重力に完全に任せ、重みを床にあずける。2分間何も考えずに完全にリラックスする。

 

POSE10 スカーサナ(安楽座)

ハートオープニングヨガ
(photo by JOE HANCOCK)

写真のように一番はじめに行った座り方、あぐらをかいた状態の安楽座で座る。胸の前で合掌し、目を閉じる。次の文章を声に出して暗唱、もしくは朗読する。「今日この練習ができたことに心から感謝します。今日感じた内なる強さが、この回復に向かう過程の中でずっと続きますように。悲しみと喪失を経験したおかげで、思いやりと愛に溢れ、成長していくことができますように。すべてに感謝します。私のスピリット、私の人生、すべてが祝福に満ち溢れています。ひとつひとつの瞬間すべてが神聖なヒーリングプロセスであると信じています。真実と向き合い、身を任せることができれば、もう一度私のハートは開き、今までの想像をはるかに超えるほどの、深く広い愛情を知ることができると信じています」

  • 3
  • /
  • 3

Sequence by  Seane Corn  
Translated by  Joy Yu Natsume
yoga Journal日本版Vol.39掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
ハートオープニングヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する