今すぐ実践!傷ついた心に効くパワフルな瞑想法とは?

DAVID MARTINEZ

今すぐ実践!傷ついた心に効くパワフルな瞑想法とは?

YJ EDITOR
YJ EDITOR
2018-02-15

このビジュアライゼーションを続けていくと、ところどころ胸の中に悲しみ・痛み・こだわり、緊張・孤独・怒りなどの好ましくない感情を感じるスポットがあることに気づくだろう。見つけたら、金色の光の中で呼吸を続けながら、あなたの気と愛でこのダークなスポットを貫くようにしよう。エネルギーは集中した所に集まるのを忘れないで。あなたが愛で満たされ、ドロドロとした部分に意識を向けることができるようになると、精神的なブロックを解消できる可能性が高まるだろう。ビジュアライゼーションを通じて気を動かし、エネルギーを解放してハートの中のブロックをなくしてしまおう。ハートを修理しようとするのではなく、深く貫く愛の存在をただ抱きしめて。

最終的に、ハートが光と解放感で満たされる瞬間が訪れるだろう。テクニックを捨て、ただハートの新しいスペースに呼吸を送り込もう。瞑想を終えるには、プラクティスへの感謝をささげ、シンプルに呼吸を深める。ゆっくりと体を動かして戻ってこよう。

これは非常にシンプルだが、パワフルなテクニックだ。こうした深い感情を処理する瞑想を行うときには、意識的に光を体の暗く、ドロドロして痛みに満ちている所に送り込むようにすると、たくさんの感情を感じられるだろう。こうしたワークに初めて取り組む場合や、傷心でプラクティスを行う場合は、特にそう感じると思う。このワークで強い感情が増えすぎたら、それはエネルギーとして扱うこと。決して実際の感情や感覚と結びつけないように。(例:「ああ、なんて苦しいの、もう完全におしまい!」等)次第に感情はピュアなエネルギーに変わっていく。タントラの基本的な考え方は、感情を解放・変換させるためにしっかりと味わうこと、である。もし感情に圧倒されてしまいそうになったら、プラクティスを中断し、散歩して、友達に電話したり日記をつけたりしよう。感情が和らぐまで毎日プラクティスを行って。きっと楽になれるはずだ。

  • 2
  • /
  • 2

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する