「糖質制限しても痩せない」の真の理由とは。管理栄養士発・糖質を賢く減らす方法

PIXTA

「糖質制限しても痩せない」理由とは。管理栄養士が語る「糖質を賢く減らす方法」

ヨガティーチャーで、栄養士でもあるケリー・アン・ジェニングス。彼女は今回、10日間の糖分断ちにチャレンジした。その生活の中で、砂糖不使用のスイーツを探求していくうちに食べ物の見方が変わってきたと言う。彼女の体験からわかった、糖分を賢く減らす方法とは。

私は今この原稿を書くために机に向かっている。そして、甘いものが食べたくなっている。それで、私はホットココアを作った。いつもなら大さじ1のチョコレートチップで甘味をつけるけれど、今日は甘みは足さなかった。たっぷり入れたシナモンやクリームは、ココアの苦みをやわらげるのに十分だし、ミルクやバニラの自然な甘さを味わいたかったのだ。

糖分を賢く減らす方法
(Photo by PIXTA)

糖分は甘い食べ物以外にも含まれている

『ヨガジャーナル』から10日間の糖分断ちをしてみないかと言われたとき、内心ではびっくりして「ノー! 」と叫んでいた。焼き菓子を作るのが好きだし、クッキーやスコーン、マフィンは毎日食べている。そう、ときには1日に2回も。私の食生活にタブーなものはない。だから、アイスクリームやドーナッツも食べるし、ケールやキヌアも食べる。でも、そんな自由放任主義によって、どのくらい自分の体に糖分を取り入れていたか、そして砂糖を使わないことがどれだけ難しいことなのかを見てみたいとも思った。
試してみて分かったのは、糖分を摂らないことは、ケーキやクッキーなどの甘いお菓子をやめるというようなシンプルなことではない、ということだ。「糖分を摂っていない、と言う多くの人は、一見健康そうに見える食品をはじめ、いかに多くの食品に糖分が含まれているかに気づいていません」と語るのはニコール・アヴェナ博士。彼女はマウント・サイナイ・アイカーン医科大学薬理学部の准教授で『Why Diets Fail(なぜダイエットは失敗するのか)』の著者のひとりでもある。「もし糖分ゼロの生活をするのなら、外食は無理ですね。スパゲティやミートボールにもたくさんの糖分が含まれているのです」。

Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

糖分を賢く減らす方法
糖質を賢く減らす方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する