「瞑想ができない」を克服する5つのアドバイス

PIXTA

「瞑想ができない」を克服する5つのアドバイス

「自制心がなくて続けられない」なら…

瞑想できないを解決する5つの回答
(Photo by PIXTA)

お風呂や歯磨きなどのように日々のルーティンに組み込もう。瞑想のための時間を作り出したら(時間がなくて…の項目参照)、瞑想の練習についての先入観と非現実的な期待、練習を続けられないという自己批判を手放そう。規則正しく行うために、ゴヤール博士は、入浴中と食事中に瞑想の時間をとっているという。「私たちはみんな時間に追われています。日々の中での瞑想の優先順位をあげるべきです」。とはいえ、それでもできないこともあるだろう。1週間かそれ以上瞑想ができない場合には、やはり定期的に続ける努力をするしかない、とゴヤール博士。最初の数日は、もしかしたら瞑想をするのが難しいかもしれない。長いことランニングをせずに、10マイルも走ろうと思わないように、瞑想をするときも期待はしないように。

「時間もない。やり方もわからない」そんな人は…

瞑想できないを解決する5つの回答
(Photo by PIXTA)

どんなに短い時間であっても、瞑想は変容を起こす。1日に5分でも、ストレスが減少する、集中力が増すなどの目に見える結果が出る。と言うのは瞑想の先生であるシャロン・サルツバーグ。アドバイスはこうだ。「まずはなんとかして時間を作るところからはじめましょう。静かな場所で、居心地よく座ります。床でも、クッションでも、椅子でもいいので、背骨を伸ばして。ただし、ピンと突っ張ったり、反ったりしないように。必要であれば、横になります。座っている必要はないのです。目を閉じ、数回深呼吸をします。鼻腔を空気が通り、胸やお腹を満たし、また出て行く感覚を感じます。次に、自然な呼吸のリズムに注意を向けます。心がざわめいても、それに関わらないように。意識が何を捉えているのかに気づいていましょう。そしてそれらの考えや思いが流れるままにし、気づきを呼吸へと戻します。毎日一定時間こんなふうに練習すると、だんだんとどんな状況にあってもマインドフルネスでいられるようになります」。

「心がざわつきすぎて止められない」

瞑想できない
(Photo by PIXTA)

先入観と期待を手放そう。期待は感情のブロックになったり心の混乱につながる、と言うのはゼイダン博士。「幸福な経験をすることを期待しないように。いい気分になることすら、期待してはいけません。ただこう言えばいいのです。私は今から5~20分間瞑想に専念します」。瞑想をしているときに感情がわき起こってきたら―不快感や退屈、幸せな感情ですら―それらを手放そう。なぜなら、これらは今この瞬間にいることを妨げるものだからだ。さらにゼイダン博士は続ける。「ポジティブであれネガティブであれ、その感情を大切に感じ始めるでしょう。つまり中立的で、客観的でいる、ということです」。ただ、変化する呼吸の感覚に戻ろう。そして、忙しい心の気づきを知ること。これも練習の一部だ。

 

  • 2
  • /
  • 2

Translated by Mami Larch
Yoga Journal日本版 Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

瞑想できないを解決する5つの回答
瞑想できないを解決する5つの回答
瞑想できないを解決する5つの回答
瞑想できないを解決する5つの回答
瞑想できない
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する