アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係

PIXTA

アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係

痛みを和らげる

マインドフルネス 瞑想 呼吸
(Photo by PIXTA)

2011年、ゼイダン博士とそのグループは4日間のマインドフルネス瞑想のトレーニングの後、痛みを伴う出来事がある中で瞑想することで不快感が57%減少すること、被験者自身の痛みの自己評価が40%減少することが分かった。研究者たちは、脳のどの分野が痛みを伴う経験に関係するのか、またどのように瞑想によって変化するのかについても特定した。認識と感情のコントロールによって痛みについての文脈を変化させることで、瞑想は私たちの痛みの受け取り方を変化させる(たとえば、痛みを過ぎ去るものとして見る、などのように)。

アルツハイマーと戦う

マインドフルネス 瞑想 呼吸 アルツハイマー
(Photo by PIXTA)

マインドフルネスはアルツハイマーにつながる脳の退化を遅らせる。2013年にレベッカ・エルウィン・ウェルス医学博士の研究グループがウェイクフォレスト大学で行った研究によると、物忘れのような老化による一般的な変化としてゆるやかに認知力が落ちている人のうち、マインドフルネスを練習している人は、アルツハイマーのような神経変性疾患によって変化する脳の一部分である海馬の萎縮や縮小が一般的な人よりも少ないことが分かった。この研究では、瞑想をする人はそうでない人に比べて、白昼夢や未来や過去について考えることに関わるデフォルト・モード・ネットワークと呼ばれる脳の部位の神経に高い連結性があることも明らかになった。この結果を確かにするより大きな研究が必要であるとエルウィン・ウェルス博士は言う。

風邪やインフルエンザを防ぐ

アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係
(Photo by PIXTA)

マインドフルネス瞑想は、免疫力をアップする。2012年の『Annals of Family Medicine(家庭医学年史)』で50歳以上の成人を対象とした研究では、マインドフルネス瞑想が、風邪や流感などの急性呼吸器感染症の発症を減少するエクササイズとして効果的であることが示された。この結果はマインドフルネス瞑想がストレスを減少させることで健全な免疫システムをサポートし、病気になりにくくなるというこれまでの研究を裏付けるものになった。

 

  • 2
  • /
  • 2

Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス 瞑想 呼吸 集中力
マインドフルネス 瞑想 呼吸 不安 うつ
マインドフルネス 瞑想 呼吸 ストレス
マインドフルネス 瞑想 呼吸
マインドフルネス 瞑想 呼吸 アルツハイマー
アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する