アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係

PIXTA

アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係

多くの科学的な研究がマインドフルネス瞑想は心身の健康にパワフルな効果があることを示している。そしてマインドフルネスが従来のヘルスケアを補うバイブルとして考えられるようになっている一方で、ある1つの研究を治療の処方箋として扱うべきではないと研究者たちは注意を促している。ここではあなたの助けになりうるいくつかの研究を紹介する。

集中力を維持する

マインドフルネス 瞑想 呼吸 集中力
(Photo by PIXTA)

マインドフルネスを通して集中を継続させることを学ぶことは、日々のタスクを行う中での集中とそれを維持するための全体的な能力を向上させるようだ。2012年の『Frontiers in HumanNeuroscience(神経科学の最先端)』に瞑想がどのように人に影響するかを研究した記事がある。ある人々には3時間のマインドフルネス瞑想のトレーニングを受け、1日10分の瞑想を16週間行ってもらった。すると、細かい注意が必要なタスクをこなすときに、瞑想をした人たちは瞑想をしていない人よりも、より高い注意力が見られた。この研究が示すのは、たとえ短時間であっても瞑想のトレーニングをすることで明らかに脳の機能が変化するということだ。

不安症やうつを緩和する

マインドフルネス 瞑想 呼吸 不安 うつ
(Photo by PIXTA)

ジョンズ・ホプキンス大学で2014年に行われたメタ分析で、ゴヤール博士とそのグループは、マインドフルネス瞑想が抑うつ症状の治療において、抗うつ薬と同等以上の効果を示す可能性があることを示した。『Social Cognitive and Affective Neuroscience(社会的認識と感情の神経科学)』の2014年の研究では、瞑想経験がない15人の被験者に4日間のマインドフルネス瞑想のトレーニングを受けてもらった。すると、不安感の明らかな減少が見られた。マインドフルネス瞑想は、気分を向上させ、認識制御メカニズムを強化することで不安感を減少させるのだ。

ストレスを減らす

マインドフルネス 瞑想 呼吸 ストレス
(Photo by PIXTA)

マインドフルネス瞑想のトレーニングをすることで、ストレスフルな出来事からくる不安感が減少するだけでなく、実際にその瞬間にあるストレスを軽くすることが研究によって分かっている。バージニア州リッチモンドにあるバージニア・コモンウェルス大学の心理学者カーク・ウォーレン・ブラウン博士のグループの研究によれば、マインドフルネスを実践する人は、非常に不快なイメージに反応する脳の興奮が平均値に比べて少ないことが分かった。これは、マインドフルネスがストレスに関係する感情の脳の部位の反応の仕方を変えるということだ。結果として、怒りなどを感じたときにこの脳の部位の活動が弱まるだけでなく、その感情に対しての反応が小さくなる、とブラウン博士。

Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス 瞑想 呼吸 集中力
マインドフルネス 瞑想 呼吸 不安 うつ
マインドフルネス 瞑想 呼吸 ストレス
マインドフルネス 瞑想 呼吸
マインドフルネス 瞑想 呼吸 アルツハイマー
アルツハイマーを防ぐ?瞑想と脳と体の関係
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する