「梅雨だる」の季節の不調解消に|食事でできるセルフケアのポイント

Getty Images

「梅雨だる」の季節の不調解消に|食事でできるセルフケアのポイント

佐藤 舞
佐藤 舞
2020-06-11

セルフケア[2] 体内の余分な湿気を排出しよう

体に湿気がたまったと感じたら、体内の余分な湿気を排出し、水分代謝を上げてくれる「水はけをよくする食材」を積極的に取ることがオススメです。

湿気を取り除く食材

豆類(黒豆、小豆、枝豆、そら豆、さやいんげん、スナップエンドウ、緑豆など)、とうもろこし、かぼちゃ、大麦、ハト麦、昆布

豆類も、水はけをよくする働きがあるのでこの時期に多く取りたい食材。成分が煮汁にも溶け出してしまうので、できるだけ煮汁も一緒に食べられるスープなどの料理にして、普段の食事から取り入れてみてはいかがでしょうか。日々の暮らしの中で、自分ができることから無理なく取り入れて、体調を整えながら、梅雨を元気に乗り切って過ごしていきましょう。

ライター/佐藤舞
豊富な知識と、ローフードやヨガインストラクターの資格をもち、楽しみながら実践するオーガニック&ヨガライフを提案。毎日の暮らしの中に「Inner Peace」を大切に、心潤うライフスタイルを送る。休日の楽しみは、料理や、ファーマーズマーケットで生産者さんとの直接の交流を深める時間を過ごすこと。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する