髪も体も健康になるアーユルヴェーダ式頭皮ケアとは

PIXTA

髪も体も健康になるアーユルヴェーダ式頭皮ケアとは

普段私たちが見聞きするヘアケアとは一線を画す、アーユルヴェーダ式のヘアケア。頭皮や髪はもちろん、痛みをやわらげたり、内面にもうれしい効果をもたらしてくれる。週末のスペシャルケアとして試してみては。

何千年もの間、インド女性は、ココナッツオイルやハーブ、花々、そしてスパイスから作られたスカルプオイルを使って髪の毛を美しく保ってきた。スカルプオイルは、たっぷりとした光沢のある健康的な髪をつくる。さらに、風邪やインフルエンザを予防し、頭痛を和らげ、暑い季節でも涼しく保ち、擦り切れた神経を修復してくれる効果も。敏感でいろいろなものを受け入れる頭皮に温かいオイルを擦り込むことは、日常生活で過剰に刺激を受けたマインドを気持ちよく鎮めてくれる。
ココナッツオイルやオリーブオイルを使ってもいいし、Aromabliss's Vamakesi Hair Oil/アロマブリス ヴァマケシ・ヘアオイル(www.aromabliss.com)のようなハーバルオイルを使ってもいい。このヘアオイルは、ブラーミーやブリンジャルのような伝統的なアーユルヴェーディックハーブを組み合わせると、髪の成長に関わる頭皮の健康的なアグニ(代謝)をサポートしてくれる。いずれにしても、衰退しないよう髪を気遣うことで、欲望が満たされ、自分の中心を感じることができるだろう。

アーユルヴェーダ式ヘアケアの方法

1. 準備

アーユルヴェーダ式ヘアケア
(Photo by PIXTA)

髪の毛をブラッシングする。ヘアケア製品を使っている場合は洗い流す。大さじ2 ~ 3 のオイルを火にかけた金属のスプーンに入れるか、アロマテラピーで使うオイルウォーマーを使って温める。頭皮は、体の他の部分に比べて温度に敏感だ。安全と心地よさのためにも、腕の内側に数滴オイルを垂らして、慎重にオイルの温度を確かめよう。

2. オイルを擦り込む

アーユルヴェーダ式ヘアケア
(Photo by PIXTA)

頭のてっぺんにオイルを塗り、指の腹で下、そして外側に向かってなじませる。つまむような動き、親指と指先で頭皮を持ち上げ、そして離すような動きで頭皮をマッサージする。手を前後、側面から側面に動かして、頭全体を手のひらで覆う。次に、指先で頭皮に小さな円を描きながら、生え際から頭蓋底までを均一な、心地のいい圧を維持してマッサージする。最後に手のひらで頭皮全体に大きな円を描くようにさする。

3. オイルを浸透させる

アーユルヴェーダ式ヘアケア
(Photo by DAVID MARTINEZ) 

手ぐしで髪の毛全体にオイルを行き渡らせ、リラックスして15 分そのままにする。刺激の少ないシャンプーで洗い、タオルドライをしたら自然乾燥。もしなにかインスピレーションを感じたら、ヘッドアクセサリーか生花で髪を飾ろう。

 

 

Photos by David Martinez
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版 Vol.37掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ式ヘアケア
アーユルヴェーダ式ヘアケア
アーユルヴェーダ式ヘアケア
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する