冬におすすめのホットなひと皿。サーモンのオーブン焼きサラダのレシピ

YJ US

冬におすすめのホットなひと皿。サーモンのオーブン焼きサラダのレシピ

VALERIE REISS
VALERIE REISS
2018-01-23

サラダだけでは物足りない人におすすめのレシピ。良質なたんぱく質を含むサーモンと、オレイン酸やビタミン豊富なアボカド、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸を多く含むアスパラをひと皿でいただけます。

サラダといいつつ、食べごたえ満点。温かく、栄養豊かな元気をくれるひと皿。

材料(2人分)

  • ニンニク(みじん切りにする)… 2片
  • 生のローズマリー(刻む)… 2枝
  • レモン汁 … 1個分
  • オリーブ油… 大さじ4(大さじ2ずつに分けておく)
  • 生鮭(天然もの) … 2切れ
  • ルッコラ … 4カップ
  • アボカド(角切りにする) … 1つ
  • アスパラガス(2.5㎝の長さに切りゆでで冷やしておく) … 220g

作り方

  1. ボウルにニンニク、ローズマリー、レモン汁半個分、オリーブ油大さじ2、塩ひとつまみ(分量外)、黒コショウ少々(分量外)を入れて混ぜ、鮭の身側に塗る。皮面を下にしてオーブンシートに置き、魚焼きグリルで8分焼く。
  2. ボウルに残りのレモン汁、オリーブ油、塩少々を入れて混ぜる。ルッコラ、アボカド、アスパラガスを加えて混ぜる。2枚の皿に分けて盛り、焼いた鮭をのせる。

栄養情報  579㎉(1人分)
脂質47g(飽和脂肪7g)、炭水化物17g、食物繊維10g、タンパク質29g、ナトリウム149㎎

Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.39掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する