ヨガスクールのマネージャーに聞く!ヨガ指導者に必要な資格とおすすめスクールは?

Canva

ヨガスクールのマネージャーに聞く!ヨガ指導者に必要な資格とおすすめスクールは?

UTLは年間約1200名が学ぶ実績No.1のヨガアライアンス正式認定校です。スクールマネージャーである守田あつ子さんに、よいヨガスクールの選び方を伺いました。

トレーニング講師のレギュラークラスをまずは受けてみて

ー日本ではヨガ資格ブームが起きています。たくさんある認定スクールからどれを選んでよいかわからないという悩みも多いようです。スクール選びのアドバイスをお願いします。

守田:トレーニングを担当している講師は誰かをまずチェックしてみてください。そして、受講前にその講師のレギュラークラスに参加することをおすすめします。ワークショップやトレーニングのみを担当して、日常的なヨガクラスを担当していないというのは信頼できる先生でしょうか?レギュラークラスを教える講師を育てるトレーニングを、レギュラークラスを担当していない講師が教えているのは、不思議だなと思います。

ー確かにレギュラークラスを教えてない人に、レギュラークラスの教え方を教えてもらう、というのは不安かも。本当にその教え方でいいのかと思います。

守田:雑誌やイベントなどで出ているからといって、ヨガティーチャートレーニングでふさわしい先生とは限りません。広告などの兼ね合いで登場している方も多いのが現状です。

ーUTLでは、他スクールと比べてトレーニングを担当する講師の数が多いですよね。複数の講師からなるチームで教えている理由はなんでしょうか?

守田:専門性を高める大学では専門の先生から学ぶことが当たり前ですね。ヨガは、哲学、解剖学、アーサナやクラス作りにもそれぞれ深い学びが潜んでいます。さらっと終わってしまうのか、生涯役立つ学びをするのかは、実は講師のレベルが大きなカギになっています

ー短期間、低価格のトレーニングでは1人の先生が教えている場合が多いようですね。

守田:1人の先生が全ての教科を指導する場合、どの分野もプロフェッショナルな学びを終えた超人のような人が指導しているのかと、いつも疑問に思います。また複数の先生が指導する場合も、全ての教科でヨガ指導経験が豊富な先生が担当しているか、チェックしてみてください。トレーニング指導歴が長く実績豊富な講師は、最強のサポーターになります。講師の豊かな経験なくして、受講者の引き出しを増やすお手伝いをすることは難しいです。講師の指導歴は必ず確認しましょう。

ーありがとうございました。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Text by ヨガジャーナル編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガの指導者になりたい
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する