気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法

Sayaka Ono

気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法

女性の30代後半~40代は更年期への移行期。心身の揺らぎケアとしておすすめなのが、自律神経にも通じる「陰陽のバランスを整えるメソッド」です。心身が興奮・緊張状態のときは「陰のポーズ」で鎮静し、心身がダウンしているときは「陽のポーズ」で活力をアップします。ポーズ前後の心身をじっくり観察し、変化を感じてみましょう。今回のテーマは、「手足の冷え」です。

陽のシークエンスで体の芯部から熱を生み出し、「手足の冷え」を解消

末端の冷えは手足だけを温めても一時的。それより、体の中心部をパワフルに動かして芯から熱を生み出すと、末端の冷えが効果的に解消できます。ランジの上下運動は、体のつなぎ目にあたる股関節を動かすことでスピーディーに血流UP。さらに腹部をツイストすると内臓からヒートアップし、手足もポカポカ冷え知らずの体に!

STEP1.シャヴァーサナ

ポーズの前後に約1分シャヴァーサナ。片側ずつ、ポーズ後の変化を感じてみよう。

気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
photo by Sayaka Ono

STEP2.ハイランジ~ランジ

やり方
1.左脚を前にして両脚を開き、左膝をかかとの真上に、後ろ脚はつま先を正面。下腹部を凹ませ骨盤正面に。

気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
photo by Sayaka Ono

2.骨盤と左膝の位置は変えずに、右膝が床につかない程度に上体を沈め、5回ほど上下する。

気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
photo by Sayaka Ono

STEP3.パリヴルッタパールシュヴァコーナーサナ

やり方
背骨を真っすぐに伸ばしたら、右肘を左腿に引っ掛けて胴体を左へねじり5呼吸シャヴァーサナを行い、反対側も行う。

気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
photo by Sayaka Ono

終わったら、もう一度シャヴァーサナを行い、ポーズ前後の感覚を確認してみましょう!

教えてくれたのは…鈴木伸枝先生
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオRelease Space主宰。レッスンでは「自己調整力を引き出すヨガ」を伝えている。

photos by Sayaka Ono
text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
気づくと指先が冷たい…股関節の血流アップで末端冷えを解消する方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する