ヨガでアンガーマネジメント!頭にきた日には月礼拝で怒りを鎮めよう

PIXTA

ヨガでアンガーマネジメント!頭にきた日には月礼拝で怒りを鎮めよう

1.礼拝の印:アンジャリ・ムドラのバリエーション

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

両足を腰幅に開き、両手のひらを上に向け、小指同士をつけて、「すべてを手放し内なる声に耳を傾ける」ムドラ(印)を組む。

2.胸を開くポーズ:立位のアナハターサナ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吸いながら両腕を広げ、吐きながら両手を仙骨の上にのせる。息を吸いながら胸とお腹を引き上げる。このポーズと次の月の立位前屈を交互に3回繰り返す。

3.月の立位前屈

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

前屈して膝をゆるめ、首をリラックスさせる。胸を太腿に寄せて、手のひらは床につけて上に向ける。背骨を通して緊張を解きほぐす。

4.ハイランジ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吐きながら左足を後方にステップしてハイランジになる。前脚(右)の膝を直角に曲げ、後ろ脚の左足かかとを後方へ押し出す。

5.月のヴィンヤサの花蜜Ⅰ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

ハイランジから、息を吸いながら右腕を頭上にあげ、両脚を時計まわりに回転させていく。前脚の膝は直角に保ち、後ろ脚は横向きのプランクポーズとなる。

6.月のヴィンヤサの花蜜Ⅱ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吐きながら右手を後方へ回し、体側から後ろ脚のほうまで伸ばしていく。胸を開き、両肩を平行に保ち、脚を引き締める。ソーマチャンドラーサナのⅠとⅡを2回以上繰り返す。

7.自発的に流れる半分のスクワットへの移行

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吸いながら全身を反時計まわりに大きく回したら、両足を広げて平行にする。

8.自発的に流れる半分のスクワット

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吸いながら左膝を曲げ、右脚をまっすぐ伸ばす。背骨は長く伸ばす。息を吐きながら脚の内側から骨盤底へとエネルギーを集め、流れるように体を左側へ運んでいく。今度は同じように右側へ戻る。両腕と上体を海の中で揺れる海藻にように動かしながら、この往復運動を2回以上繰り返す。

9.ハイランジ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

左脚のほうへ体を移動させてハイランジになり、前脚(左)の膝を直角に曲げ、後ろ脚の右足かかとを後方へ押し出す。

10.板のポーズ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吸いながら左足を後方へステップして板のポーズへ。肩の真下に両手を置き、コアを引き締め、頭頂から尾骨、かかとまで長いエネルギーラインを保つ。

11.胸を開くポーズ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吐きながら両膝を床につけ、お腹に力を入れる。両腕を肩幅に開いて両手を前方へと歩かせ、胸を地球にあずけて解き放つ。

12.自発的に流れるコブラのポーズ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

肩の下に両手を置いて胸を引き上げ、左右の肩を交互に回して首の力を抜く。背骨を自由気ままに流れるように動かす。

13.喜びに満ちたダウンドッ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

息を吐きながら、月の感覚を持って流れるようにダウンドッグになる。かかとを上下させて足踏みをしながら、腰や背骨などを自由に動かす。あごの力を抜き、首も自由に動かす。そうして解き放たれた犬のように湧き上がる喜びを感じてみよう。

14.3本足のダウンドッグ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

通常のダウンドッグでとどまり、数呼吸する。息を吸いながら右脚を空に向かって伸ばし、息を吐きながら右脚を左脚の隣に下ろす。息を吸いながら左脚を空に向かって伸ばしたら、今度は左脚を前方へ運び入れてハイランジになる。

15.ハイランジ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

ハイランジで息を吸う。息を吐きながら、腰をゆっくり左右に振ってのんびり歩くように右足をマットの先端まで運んでいく。

16.月の立位前屈

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

両足を合わせるか腰幅に開いて、月に頭を垂れるように前屈する。両腕は地上にしっかり垂らし、両手のひらは上に向ける。

17.立位の胸を開くポーズ

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

立ち上がって両手を仙骨の上に置く。両足を地面に安定させたら、両脚から胸、頭頂へと伸びていく。あごをリラックスさせる。月の花蜜のしずくを受け取るように口蓋(口腔の天井部分)をゆるめる。

18.礼拝の印:アンジャリ・ムドラのバリエーション

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
(Photo by JASPER JOHAL)

サイドを変えるときに内省する時間をとろう。片側のシークエンスが終わったら、最初の礼拝の印に戻り、献身、感謝、平和への願い、万物の平安などに祈りを捧げよう。

 

※反対側でも同じように全シークエンスを行ってみよう。今度は右足を後方にステップしてハイランジに移る。

  • 4
  • /
  • 4

Photos by Jasper Johal
Sequence and model by Shiva Rea
Translated by Moe Ide
yoga Journal日本版Vol.21掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
頭にきた日は月礼拝で怒りを鎮めよう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する