疲れ目に効くアーユルヴェーダ式セルフケア方法って?

DAVID MARTINEZ

疲れ目に効くアーユルヴェーダ式セルフケア方法って?

1.準備

トリファラの煎じ液を用意しよう。鍋に水1カップとトリファラ小さじ1 を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で10 分煮立たせる。完全に冷ましてから漉す。

 

2.洗顔&洗眼

冷たい水で顔を洗う。手のひらをカップのようにしてトリファラウォーターで3 回ずつ洗眼する。きれいな水で顔を洗い流し、手でパッティングして乾かす。

 

3.目をカバーする

オーガニックのバラの花びら、スライスしたキュウリ、またはコリアンダーの葉を、閉じた目の上に交互にのせる(どれを選んでもよい。いずれもクールダウン効果とリフレッシュ効果がある)。コットンをその上に置き、薄いコットンの紐かバンダナで目を覆って結び、目隠しをする。

アーユルヴェーダ式目のセルフケア
(Photo by pixabay)

 

4.眼球エクササイズ

仰向けになってシャヴァーサナ亡骸のポーズ)になり、何か美しいものを心に描く。目は閉じたままで、以下の5つのアイ・エクササイズを1 セットとして5回行う。
*眼球を時計回りに回す。
*眼球を反時計回りに回す。
*左上、右下、右上、左下の順で眼球を8の字を描くように回す。
*まっすぐ上を見るように目を動かし、次にまっすぐ下を見るようにする。
*左を見るように目を動かし、次に右を見るようにする。

5.休息する

リラックスして20分間呼吸する。目隠しを外したらすぐに、自分を落ち着かせてくれて、つながっていると感じられるような美しい景色や物、写真などを見る。カジャルを使う場合は、ここで使おう。

アーユルヴェーダ式目のセルフケア
(photo by pixabay)

日常に戻ったら、視界を「ソフト」にしておこう。目に入ってくるひとつひとつにあまりフォーカスしないように。可能であれば強い光を避ける。内なる視力を積極的に使おう。

  • 2
  • /
  • 2

Translated by Mami Larch
Yoga Journal Vol.37掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ式目のセルフケア
アーユルヴェーダ式目のセルフケア
アーユルヴェーダ式目のセルフケア
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する