「胸元が気になる…」ヨガ中の小さなストレスを解決するヨガウェア選びのコツ

PIXTA

「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ

JEAN WEISS
JEAN WEISS
2017-10-27

「表立って聞くのははばかられるが、実は気になっていること」というものが、多かれ少なかれ、人にはあるはずだ。たとえば、ヨガの最中のインナーのこと。Tバックがずり落ちてくる、胸の谷間を見られたくないなど、ヨガ中の小さなストレスをなくすテクニックを、スタイリストでヨガインストラクターのキャロライン・ゴゴラックと、人気トレーナーでスポーツウェアメーカーCarbon38.comの共同設立者であるワーナー・ジョンソンに教えてもらった。

胸の谷間を見られたくない。けど、胸を小さく見せたくない…

ヨガ中の小さなストレスをなくすヨガウェア選びのコツ
(Photo by PIXTA)

Vネックや細いストラップのものはNG。谷間を見せすぎないよう胸元のカットが深くない、太いストラップのスポーツブラがおすすめ。ワイヤー入りのブラも胸を形よく整えながらカバーしてくれる。

 

太ももがコンプレックス。どんな柄のボトムスが似合う?

ヨガ中の小さなストレスを減らす
(Photo by PIXTA)

コントラストが強い色のパンツは太腿を細く見せてくれる。太腿の内側部分が外側よりも暗い色や濃い色のものか、後ろ側が前側よりもダークカラーになっているものを選ぼう。メッシュが外側にあるものもよい。

 

ダウンドッグの時、Tバックがずり上がる…

「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ
(Photo by PIXTA)

もし下着をつけない場合でも、最近販売されている多くのレギンスはクロッチ部分にしっとりとした生地を使っているので問題ない。また、表にひびきにくい縫製がほどこされている、スポーツブランドの下着を試してみても。

 

お尻の形がコンプレックス。どんなレギンスならカバーできる?

「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ
(Photo by PIXTA)

タイツのような薄い素材で作られたヨガパンツを避けて、しっかりしたタイプを選ぼう。ウエスト部分から脂肪をはみ出させずにホールドする目の細かい圧縮生地を使ったハイウエストのパンツだ。

 

曲線的な腰回りに見せたい。どうすれば?

「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ
(Photo by PIXTA)

形くずれしやすい起毛素材などの柔らかな素材のパンツではなく、スパンデックス(ポリウレタン繊維)のような合成素材で体にフィットし、ボディラインを強調してくれるようなパンツを選ぼう。

 

Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.38掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガ中の小さなストレスをなくすヨガウェア選びのコツ
ヨガ中の小さなストレスを減らす
「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ
「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ
「胸元が気になる…」ヨガ中のストレスを解決するヨガウェア選びのコツ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する