ベジタリアンをやめた理由|ヨガの権威が実践する「倫理的な雑食」とは何か

PIXTA

ベジタリアンをやめた理由|ヨガの権威が実践する「倫理的な雑食」とは何か

サディー・ナディーニの「倫理的な雑食」を理解する4つのヒント

冷蔵庫にいつもあるもの

生姜こんぶ茶、オーガニックベビーケールとほうれん草、オーガニックのイタリアン・サラミ。

小腹が空いたら食べるもの

つぶしたアボカドとトマト、フムスをグルテンフリーのパンにのせたもの。

元気が出る食べ物

トスカーナの高品質な赤ワインをグラスに一杯。

食べることへのヒント

コールドプレスのオーガニック・エクストラバージンオリーブ油で、なんでもおいしくなる。

 

profile:サディー・ナーディ
コア・ストレングス・ヴィニャサ・ヨガの創始者。著書に『The 21―Day Yoga Body』がある。ブルックリン在住。

  • 3
  • /
  • 3

Text by Valerie Reiss
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.39掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ベジタリアンな日々は最悪だった―ヨガの権威が実践する「倫理的な雑食」とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する