遊ぶようにヨガしよう!親子ヨガにおすすめのポーズ8つ

Photo by JULIA VANDENOEVER

遊ぶようにヨガしよう!親子ヨガにおすすめのポーズ8つ

JESSIE LUCIER
JESSIE LUCIER
2018-01-21

6.ゆらゆらボート

膝を曲げてマットに座る。息を吸いながら、両すねを床と平行に持ち上げる。同時に腕を上げ、足の小指のほうに伸ばす。肩を後ろに引き、へそは引き上げる。

遊ぶようにヨガしよう
(Photo by JULIA VANDENOEVER)

サポートが必要であれば、手を腰の後ろに置く。コアを力強く保ち、息を吐きながら自分というボートを後ろに揺らし、背骨を下にする。必要であれば太腿の後ろをつかむ。

遊ぶようにヨガしよう
(Photo by JULIA VANDENOEVER)

息を吸いながら、ボートを揺らしてもとに戻り、すねを床と平行にする。これを10回繰り返す。
ボートを揺らすときは、遊び心を持ち、思っているよりチャレンジングなことかもしれないことに気づいていよう。そして、マットの上でも、マットをおりた日常でも、永遠に続くチャレンジなどないことを思い出そう。自分の強さ、呼吸を信じ、動きの中に小さな喜びを見つけよう。

7.橋をかける

仰向けになり、膝を足首の上にくるように曲げる。手指を小指側のかかとのほうへ伸ばして床に置く。息を吸いながら、目線を上に向け、肩甲骨を下に押し付け、腰を持ち上げる。肘を曲げたり、手を腰の下に置いてサポートしてもいい。息を吐きながら左足に体重を移す。息を吸いながら右脚を天井に向かって伸ばす。

遊ぶようにヨガしよう
(Photo by JULIA VANDENOEVER)

深く3呼吸する。息を吐きながら右脚を下ろし、反対側も同様に行う。
このチャレンジが自分を活性化していくのを感じ、自分の強さを讃えよう。このセツバンダサルヴァーンガーサナ(橋のポーズのバリエーション)では、大胆さを選び、自分が川にかかる橋になったことをイメージして行おう。

8.彫像のように動かず、ねずみより静かに

脚を伸ばし、足同士は広げて横たわる。自分の体が大地のサポートの中へと沈み込むままにする。左手をお腹の上に置き、右手を胸へ。目を閉じ、お腹がふくらんだりへこんだりするのに意識を向ける。3 〜5分間このポーズでリラックスする。

遊ぶようにヨガしよう
(Photo by JULIA VANDENOEVER)

呼吸や心臓、与えられた偉大なギフトが自分の手で感じられることに気づこう。しんとした静けさの中では、あなたはあなたであり、それで十分だ。一日中遊んだ子どものように、今は休息をとり、充電するとき。このポーズと今この瞬間に完全に身をまかせよう。

 

教えてくれたのは…クリステン・ベッケン

クリステン・ベッケンは、すべての年齢の人を対象にしたヨガを行っているヨガティーチャー。ラスティー・ウェルズによる500時間を含む、ティーチャートレーニングを修了。子どもと大人のための20時間ティーチャートレーニングに特化したYoung Warriorsを創設。デンバー、カンザスシティーなど、さまざまな国で楽しみに満ちたロックなバクティヨガも教えている。

  • 4
  • /
  • 4

Photos by Julia Vandenoever
Model by Noah Ciel-Tilton
Styling by Tina Gill
Hair&make-up by Beth Walker
Teaching by Christen Bakken
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
遊ぶようにヨガしよう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する