呼吸が命を救う!正しい呼吸をすべき4つの理由

PIXTA

呼吸が命を救う!正しい呼吸をすべき4つの理由

アメリカの機関や専門医などで研究が進む呼吸の科学。なぜ正しい呼吸をするのかということまで考えてみると、呼吸に対する意識が変わるはずだ。呼吸によってもたらされる体へのうれしい変化についてまとめた。

体重を減らす

ヨガの呼吸法の練習は、脂肪組織から作られ空腹感を抑制する信号を脳に送るホルモン、レプチンを増やすことが、インドのハリドワールでパタンジャリ研究機構のディレクターをしているシャーリー・テルズ医学博士の研究によって明らかになった。

呼吸 ヨガ ダイエット
(Photo by PIXTA)

スタミナをつけるエクササイズになる

イタリアのパヴィア大学の心臓病専門医が、1日に1時間のゆっくりとした呼吸法を2年間練習した登山家グループと、練習していない登山家グループを比べる実験をした。呼吸法を練習していないグループが酸素ボンベを使って登頂したのに対し、呼吸法を練習したグループは、酸素ボンベなしで登頂。さらに、血液と吐く息を調べると、肺の70%を使い、酸素を最大限取り入れていることがわかった。

呼吸 ヨガ ダイエット
(Photo by PIXTA)

長生きできる

瞑想やヨガ、チャンティングなどのリラックスしたプラクティスを1つ受けることは、長期的、短期的にプラクティスを続けているかどうかにかかわらず、遺伝子の表現に影響を与えることが、ハーバード大学の研究でわかった。呼吸法の練習の前と後に採血すると、練習後のものは、代謝の改善に関係する遺伝物質が増加し、炎症と関連がある遺伝子の経路が抑制されているのだ。慢性的な炎症は、アルツハイマーやうつ病、ガン、心臓病など死に至る病気に関わりがある。公正に言うならば、いい呼吸をすることは、人生を変えるのではなく、命を救う、ということだろう。

呼吸 ヨガ 高齢
(Photo by PIXTA)

幸福感と感情的な安定性を得る

『Cognition & Emotion(認識と感情)』の記事によれば、呼吸をコントロールすることで、どのように感じるかを変化させることができる。怒り、恐れ、喜び、悲しみといった感情の40%も変えることができるのだ。研究で喜びを引き出した呼吸の方法はこれだ。「鼻からゆっくりと深く息を吸い、吐きましょう」。ウジャイ呼吸によく似ている。

呼吸 ヨガ 幸せ
(Photo by PIXTA)

 

Story by Jessica Levine
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.43掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

呼吸 ヨガ ダイエット
呼吸 ヨガ ダイエット
呼吸 ヨガ 高齢
呼吸 ヨガ 幸せ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する