夏冷えの疲れ、今のうちに解消するためのたった3つの方法

Getty Images

夏冷えの疲れ、今のうちに解消するためのたった3つの方法

③太陽礼拝を習慣にしてみよう

体を動かすことによって体を温めてあげる事も忘れてはいけません。特にヨガで行う太陽礼拝は、自分の呼吸に合わせて自分のペースに合わせて行う事が出来ます。また1つの流れが出来上がっているため、ヨガ初心者の方でも流れさえ覚えてしまえば自宅でいつでも出来ます。

太陽礼拝を行う中で特にご自身の吸う息・吐く息に意識を向けてあげましょう。日常生活の中で自分がどのくらいのスピード・長さで呼吸を行っているか、意識を向けるタイミングはなかなかないと思います。太陽礼拝ではあなたの呼吸を軸に動いていくため、嫌でも意識せざるを得ません。呼吸は毎日変化しています。その日のご自身の呼吸がどんな状態かを観察してみましょう。

太陽礼拝は全身の筋肉をまんべんなく使えるポーズで構成されているため、一日3セットペースでやってみると血行が良くなり体が内側からポカポカしてきます。時間があれば朝出勤前などに行うと良いでしょう。時間がない場合には夜帰宅してお風呂に入る前に行うと良いです。いきなり無理をすると余計なストレスとなるので、そうならない程度にご自身のペースで行って下さい。

習慣を変えて体を労わってあげよう

夏冷えの疲れはしょうがないものと諦めずに、日常生活の中のちょっとした工夫や習慣を変える事で体を労わる事は出来ます。周囲への気遣いだけでなく、自分の体への気遣いもしてあげてみてはいかがでしょうか。夏の疲れをズルズルと引きずらないためにも、今出来る事を少しずつ取り入れてあげましょう。

ライター/古賀奈津美
商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消の為に始めたヨガにハマり、ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。最初は週末のみインストラクターをしていたが、もっとスキルを上げたいと、思い切ってフリーランスのヨガインストラクターへと転職。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在は妊娠中につきレッスンはお休み中、自宅にてヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する