ヨガの悩みあるある|呼吸カウントが先生と合わないのはなぜ?

Getty Images

ヨガの悩みあるある|呼吸カウントが先生と合わないのはなぜ?

須藤玲子
須藤玲子
2019-09-05

浅い呼吸のデメリットとは?

呼吸が浅くなると私たちの身体や心には何が起きるのでしょうか?デメリットを理解した上で、改善していきましょう!

1.不安や焦りが増す

浅い呼吸が続くと、交感神経優位の状態も続き、身体も心もリラックスすることができません。そのため必要以上に緊張したり、不安になったり、ついマイナス思考に傾いたりしがち。また、時間がなくて焦っている時に限って忘れ物をしたり、いつもはしないミスをしてしまうことはありませんか?物事を円滑に進めるためにはリラックスが大切!小さな不安や焦りが倍増してしまわないように、慌てている自分に気付いたら立ち止まって深呼吸を!

2.仕事や勉強がはかどらない

呼吸は新鮮な酸素を全身に届ける働きをしており、脳にもたくさんの酸素を送り込んでいます。呼吸が浅くなり十分な酸素が脳に行き渡らなくなると、頭が冴えず、ぼんやりとしてくるもの。昼間なのに眠くなり、記憶力や集中力がなくなって仕事や勉強がはかどらなくなることも。なんだか頭がぼんやりして煮詰まってしまった…。そう感じた時にも深呼吸です!

3.免疫力の低下から体調不良に

呼吸は生きている証。身体と心を健康に保つためにも呼吸の働きは大きいのです。自律神経のバランスを整え、体温調節を行うのも呼吸。身体を動かさなくても、ヨガの呼吸法だけでも身体がぽかぽかして温まることがありますよね。それは呼吸が深まった証拠です。逆に浅い呼吸では体温が上がらず、免疫量低下につながる可能性も。倦怠感や疲労がとれず、風邪やその他のウイルスをもらいやすくなってしまうこともあるのです。健康のためにも深呼吸をしましょう!

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する