SNSフォロワー60万人超! カリスマヨガ指導者の考える「新しいヨガ」のあり方とは

DAVID MARTINEZ

SNSフォロワー60万人超! カリスマヨガ指導者の「直感的な生き方」とは

YJ EDITOR
YJ EDITOR
2018-01-05

直感は内なる声であり、正しいことを知っている

―ご自身のプラクティスについて教えてもらえますか?
TS リビングルームにヨガマットを置いてあって、朝、クラスの前にその上で体を動かします。およそ10分間体を動かすことで、調子がよくなります。動きは、日によって違います。エネルギッシュに動くときもあれば、ゆっくりと体を開いていくこともあります。また、リビングに座って瞑想もします。ふだん、少なくとも5〜10分で瞑想状態に入りますが、正直に言うと毎日そうなるわけではありません。でも、瞑想を日常的にしていると、大きな違いがあることを知っています。よりゆったりしていて、静寂で、そして安心しているのです。           
―コミュニティを構築するのが得意ですよね。秘訣はなんですか?
TS 私は考えをシェアをしたり、つながったりすることが好きなんです。そして、ソーシャルメディアは、その道具です。おもしろいと思ったことや、誰かに有益だと思ったことをシェアするのは私にとってとても自然なことです。ソーシャルメディアを個人的なつながりではなく、プロモーションツールとして使おうとするとフラストレーションを感じたり、疲れきったりするんじゃないかと思います。
―ディーパック・チョプラ氏とDVDやアプリの制作をしていますが、彼との出会いは?
TS ディーパックが話すイベントで、ヨガクラスをリードしてくれないかというメールをもらったんです。もちろん、答えはイエス! それで彼にツイートしたら、そのイベントについての話が始まって。このことがオーセンティックヨガアプリのコラボにつながりました。その後、彼からヨガを教えてくれないかと言われました。私は、彼にはヨガを教える人なんて必要ない、そんなのバカげてると言ったんですが、彼は私が教えることを手伝いたいということだったので、ヨガを教えることになりました。私たちは仲間なんです。
―ヨガの練習を健康的な食にどのように応用していますか?
TS 私の経験からして、のんびりとした方法で練習しているときって気分がいいものです。そして気分がいいときは、ある特定のものを食べたときにどんなふうに感じるかをキャッチして脳の配線をやり直すんです。すると、加工食品の代わりに、気分をよくする、よりヘルシーな食べ物が欲しくなるようになるんです。
―ビジネスや健康的な生活のために直感を使うことについてよく話していますね。直感は、生活や、なにかを決定するプロセスにどう影響を与えますか?
TS 私にとって直感は、こっちに行くか、あっちに行くかの大きなサインみたいなもので、とても強いものです。直感的な友達や助言をくれるような人と付き合ったり、瞑想をしたりして数年経ってから、直感はどんどん深いものになっています。私の直感は、自分がしていることにどんな意味があるのかを知るためにアクセスする手助けをしてくれます。もしも、私が下した決定が、単に資金問題や恐れに基づいたものだとしたら、それはたいていまちがった判断です。直感は内なる声であり、正しいことを知っています。
―自分の直感を信じるためのアドバイスはありますか?
TS 日常的になにか瞑想的なことをすることだと思います。そして、みんな直感的にそれがなんであるか分かっているんです。ある人にとってはガーデニングかもしれないし、ある人にとっては朝、椅子に座って5分間呼吸をすることかもしれません。またある人にとっては、定期的にヨガのクラスに行くことかもしれません。どんなものでもいいので、マインドや外側の世界の乱れを整えるようなプラクティスをすれば、自分の内なる声に戻ってくることができるようになります。そうすると、物事は本来あるべきところに落ち着いていくのです。

 

タラ・スタイルズ プロフィール

ニューヨークのヨガスタジオ「Strala Yoga」設立者兼オーナー。フェイスブックフォロワー22万人、インスタグラムで14万人のフォロワーを持ち、ヨガのハウツー動画を配信するYouTubeチャンネルは登録者が30万人を超える。(フォロワー数は2018年1月時点のもの)

  • 4
  • /
  • 4

Photos by David Martinez
Styling by Emily Choi
Hair&make-up by Gregg Hubbard
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.37掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する