脳と精神を健康にする食生活とは

AARON COLUSSI

脳と精神を健康にする食生活とは

SUNNY SEA GOLD
SUNNY SEA GOLD
2017-12-09

最新の栄養精神医学では、食べるものが精神に大きく影響することが分かってきた。正しい食で脳と精神を健康にして、より効果的にヨガの練習をする方法を学ぼう。

アンドリア・ギタレスはまだ27歳だったが、まるで80歳かのように感じていた。心はぼんやりしていて怒りっぽく、いつも疲れていた。そしてあるときから、圧倒されるような不安の発作が頻繁に起こりはじめ、アンドリアは不安障害と診断された。しかし、医者が処方した薬物はほとんど救済にはならず、彼女は他の方法を探しはじめた。
「何人かの自然療法医のもとを訪れました。そしてその全員が食生活を変えてはどうかと提案しました」とアンドリアは言う。3カ月後、まだ不安や疲労、頭がぼんやりした感じがあったが、とうとう食生活を大きく変化させることを決めた。彼女は砂糖、赤肉、精製した穀物をやめ、フルーツや野菜、魚を多く食べる地中海スタイルの食生活にした。
数週間のうちに症状の改善が感じられた。そして3年がたった今、「不安や落ち込み、絶望感などは完全に消え去りました」と彼女は言う。「今までに自分の人生が安楽だとか満たされているとか、感じたことなど一度もありませんでした。でも、今はそう感じているんです」。

Translated by Mami Larch
yoga Journal 2015年6/7月号掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する