願望は手放すことで実現する?自己実現を叶えるヨガ的行動パターンとは

ANGIE CAO

願いを叶えるために|今日から始めたい5つの行動

5.思い描く(ダルシャン)

ゴールラインが見えてくると、前進せずにペースが落ちてしまうことがある。「もうすぐだから、少しゆっくりしても大丈夫」……。そういう時には、未来の自分を思い描き、それを勢いにしてその状況から脱しよう。このエクササイズは心理学で「展望記憶のコード化」と呼ばれている、脳をだまして既にゴールに達したと信じ込ませ、未来の自分に合った選択をするよう促すものだ。例えば、『Journal of sport & Psychology』に掲載された研究によると、食生活が乱れた怠惰な日々を送っている人が未来の自分を思い描いた場合、「元気ですらりとした姿」を望んでも、「怠惰な生活のつけが来ることを恐れる姿」をイメージしても、節度ある生活を送りながらも「未来の自分」を思い描かなかった人より、エクササイズを始める確率は高かったのだという。このプラクティスはモリスにも効果的だった。「自分自身と、沈黙するという目標に前向きな光を当ててイメージすることが、消極的な自己認識を乗り越える手段となったの」彼女は言う。「今では、クライアントに自分の著作やプロジェクトが既に世に出ている様子をイメージするようにと指導しているわ」。
将来の自分の姿を思い描くのが難しい場合にマクゴニガルがすすめるのは、未来の自分から現在の自分へと手紙を書くことだ。手紙は2017年1月1日の日付で書き、2016年を振り返って目標達成のために自分がしたことや、払った犠牲すべてに関して、自分自身にお礼を言うようにイメージしてみよう。そして必ず、どれもが努力に値するものだったと認めるようにしよう。
新年の決意が決して好きではなかったライター、エリザベス・マーグリンは、未来の自分に誇りを持てる、大きなサンカルパを持つつもりでいる。

  • 7
  • /
  • 7

Prop styling by Leila Nichols
Hand lettering by Leigh Wells
Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版 2016/4/5月号掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

手放す イシュワラプラニダーナ
問いかける
タパス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する