タイプ別ヨガの苦手克服法|戦士のポーズⅠで注意すべきポイントは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

タイプ別ヨガの苦手克服法|戦士のポーズⅠで注意すべきポイントは

ポーズを気持ちよくキープしたいのになんだか苦しくてぎこちない…最初は誰もが感じるそんな「ヨガの壁」を乗り越えませんか? 硬い・柔らかすぎる・初心者の3つのタイプ別に、攻略方法をご紹介します。今回のテーマは、「戦士のポーズⅠ」。

戦士のポーズⅠの硬い・柔らかすぎ・初心者…3タイプ別攻略法

戦士のポーズのポイント

力強いスタンディングポーズの代表格。まずは土台となる下半身をしっかり使い、気を抜きがちな後ろ足も意識することが大切です。

「ヨガの壁」の乗り越え方②
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

体が硬い人の場合

体が硬い人にありがちなポイント

・股関節が硬くて脚が大きく開けない
両脚を前後に大きく開けずに、後ろ足を引くと骨盤も斜めになりがち。脚を大きく開いて脚力をしっかり使うため、まずは股関節をほぐしましょう。

・肩関節が硬く腕が上がらない
無理やり腕を上げているので肩に余分な力が入っていますね。首も詰まって呼吸が苦しそう...。

・脚のスタンスが狭い
股関節が硬いと、脚幅を狭くしてラクしがち。このポーズの目的は鼠蹊部の伸びを感じることですよ!

戦士のポーズ 体が硬い
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

攻略法:ローランジで股関節をストレッチ!

プレワークとしてローランジになり、下腹部を引き上げることで、ポーズの目的である鼠蹊部が伸ばせます。

HOW TO

前脚は膝の真下にかかとを、後ろ足は膝を床につける。おへそを正面に向けるように。

ローランジ 体が硬い
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Styling by Yuko Hachiya
Hair&make-up by Manami Yaginuma(P-cott)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.62掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「ヨガの壁」の乗り越え方②
戦士のポーズ 体が硬い
ローランジ 体が硬い
戦士のポーズ 体が柔らかすぎる
戦士のポーズ 体が柔らかすぎる
初心者 戦士のポーズ
初心者 戦士のポーズ
初心者 戦士のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する