「瞑想と自分を愛する意識が自信に」すみれさんを変えた心身コンディショニング法

Satoshi Kuronuma(aosora)

「瞑想と自分を愛する意識が自信に」すみれさんを変えた心身コンディショニング法

今年オーストラリアのラグビー映画『ブライトン・ミラクル』にも出演予定、海外で活躍の場を広げ続けている女優のすみれさん。今後の展望と海外で活躍するために続けている独自の心身コンディショニング法を教えてもらいました。

心身を作る原動力「お芝居をもっと強くカッコよく見せたい」

日本での活躍はもちろん。2年前の2017年には『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』でハリウッド映画にデビューし、マーベル作品などにも出演。今年はオーストラリアのラグビー映画『ブライトン・ミラクル』に出演予定と、海外での活躍の場を広げている女優のすみれさん。

「今度の作品は、4年前のラグビーW杯のときの実話をもとにした映画です。この作品ではリーチ マイケル選手の奥さん役を演じました。でも、海外の作品ではわりとアジア出身の女優はアクションシーンを演じることも多いので、今はボクシングを習いながら、お芝居をもっと強くカッコよく見せる練習もしています」

すみれ
photo by  Satoshi Kuronuma(aosora)

ヨガと瞑想の習慣で「頭の中をデトックスできる感覚や熟睡効果」を実感

ボクシングのほかにも、女性らしいボディラインをキープするために週2~3回、筋トレ&有酸素運動に勤しんでいるというすみれさん。普段のトレーニングがパワフルな分、毎晩ヨガをする時間が心身の鎮静&リセットに欠かせないと話してくれます。

「ハワイで過ごした高校時代から、毎朝ヨガをすると1日を元気に過ごせることを実感していましたが、最近は夜ヨガのリラクゼーション効果に夢中。ときどきは友人が教えている都内のヨガスタジオでレッスンを受けますが、寝る前には家で毎晩、最低でも10分、長いときは1時間くらいパワーヨガをやって、最後にメディテーションをしています。私は寝つきが悪くて夜中に起きることも多かったのですが、夜ヨガを習慣にして最後に瞑想をしてからベッドに入るとすぐに眠れるように。途中1回も起きずに朝までぐっすり! 以前は、瞑想が苦手でしたが、ディーパック・チョプラ博士の瞑想アプリやYouTube動画を利用して続けていったんです。フィジカルのトレーニングみたいな感覚で、『心のトレーニング』だと思って。そのうちに、マインドをオフにして頭の中をデトックスできる感覚や熟睡効果を感じられるようになって、それから大好きになりました!」

その日あった嫌なこと、イライラやストレスも、寝る前のヨガと瞑想でリセット。自分の原点に戻って眠りにつくと、翌日はまたゼロから新しい1日を始められる……そんなヨガのルーティンが、すみれさんの日常をハッピーにするヒントに。最近は、自分の心身やチャクラのバランスを整えてくれる「自分だけのオリジナルマントラ」をつくってもらいたいと、制作を依頼中なんだそう。

すみれ
photo by  Satoshi Kuronuma(aosora)

Photos by  Satoshi Kuronuma(aosora)
Styling by  JURIKA.A
Hair&make-up by  Emi Yamaguchi
yoga Journal日本版Vol.66掲載
text by  Ayako Minato

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

すみれ
すみれ
すみれ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する