アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【ヨガの聖地へ行ってみよう後編♯21】

本田ゆうすけのインド旅行記

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【ヨガの聖地へ行ってみよう後編♯21】

本田雄介
本田雄介
2019-07-06

この日は朝6:30の電車に乗って、リシケシにたどり着くまで約6~7時間。お腹もぺこぺこです。まずは橋を渡った先で、昼ごはんを食べることに。カフェレストランもたくさんあって、ガンジス川の流れや橋の上を行きかう人々を見ながら、のんびりすることができます。基本的にはリシケシは菜食ですが、メニューも豊富で美味しいものが多いです。長期滞在しても苦にはならないでしょう。この日はキノコピザ、インド風中華焼きそば(?)などを注文しました。

ランチ。インドっぽさゼロ
ランチ。インドっぽさゼロ

ラッシーを飲んで束の間ぼーっと川を眺めていましたが、今回は1泊2日の弾丸旅行。夜にはリシケシを離れて、列車駅のあるハリドワール市内へ戻り、翌日再びデリーへ向かわなければいけません。食後慌ただしくカフェを出て散策しながら、ヨガのドロップイン(飛び込み参加)できるところを探して歩きます。

カフェからのガンジス川ビュー
カフェからのガンジス川ビュー

しかしまぁ、歩いているだけで楽しい!インドならではの独特な色使いをした建造物、ヒンドゥー教のお寺や像、もちろんお土産屋さんもたくさんあります。ヨガのレッスンで使う‟ティンシャ”や‟シンキングボール”なども種類が豊富。散歩だけで2~3日潰せちゃいます。

インドの魅力は、完壁ではないところ。近代化しながらも、整備の行き届かない道路。動物たちと人が混在し、常に漂うなんかよくわからない臭い。せっかく綺麗な景色が広がっていても、あたりで鳴り響く騒音の数々。どこか親しみがあり、残念なところがチャームポイント。個人的には、ディ〇ニーランドの対極にあたる魅力を持っていると思います(^^) リシケシでも、それは同じ。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ランチ。インドっぽさゼロ
リシケシといえば、吊り橋!
橋の上でお猿さんと
ドロップインしたレッスンの先生
アシュラムにて。眺めも良いです
カフェからのガンジス川ビュー
ガンジスの夕日。上流なので水もキレイ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する