「仕事相手とうまくいかない…」を減らす!魔法の「クッション言葉」とは?

Getty Images

「仕事相手とうまくいかない…」を減らす!魔法の「クッション言葉」とは?

依頼する時の「クッション言葉」

コミュニケーションが苦手だという方や、接客業などをしていてお客様からクレームの多い人に多い傾向が、ストレートに内容だけを言い過ぎるということです。

例えば同僚に作業を手伝ってもらいたい時、唐突に「手伝ってください」と言う代わりに「忙しいところ悪いんだけど手伝ってもらえないかな?」とクッションになる言葉を加えたり疑問形にすることで、相手のことを思いやり、譲歩する気持ちを表現することができます。人間は感情の生き物なので、そのような言葉があるかないかでその後の行動や意思決定が変わると言われています。様々なバリエーションがありますので、相手との関係性やTPOに合わせて微調整しながら使ってみましょう。

お忙しいところ恐れ入りますが〜

ご迷惑(お手数・お手間・ご面倒)をおかけ致しますが〜

大変心苦しい(申し訳ない)のですが〜

お急ぎのところすみませんが〜

お差し支えなければ(もしよろしければ・お時間があれば・可能であれば)~いただけるとありがたいのですが〜

語尾を疑問形にする(~していただけますか?/〜していただけませんでしょうか?) 

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する