ヨガと結婚は一緒?モチベーションを保ちマンネリ化しない7つの方法

DAVID MARTINEZ

ヨガと結婚は一緒?モチベーションを保ちマンネリ化しない7つの方法

始めたばかりの頃は楽しかったものも、長く続けるうちにモチベーションが保てなくなることはよくあることだ。それはヨガにおいても同じこと。アメリカで活躍する7人のヨギに、ヨガ、とりわけ飽きてしまいがちなプラクティスへの意欲を掻き立てるアイデアを取材した。

ヨガと「恋に落ちた」とき、その世界に深く入り込んでいくのを感じたのではないだろうか。新しいプラクティスはみずみずしく、豊潤でキラキラ輝いていた。これはとてもいいことである。ただし、その情熱の炎が燃え尽きないように注意深くある限りは。「ヨガのプラクティスは、結婚生活などの長期的な関係性のようなものです」と言うのはミビー・ジャクソン。テネシー州ノックスビルでヴィンヤサヨガのプラクティスを日常的に行って長いヨギだ。「生活が忙しくなると、これまでのようにはヨガに心を向けなくなり、マンネリ化してくる。いつでもヨガに打ち込めるよう新鮮なエネルギーやちょっとした工夫が必要になる」。

ジャクソンはモチベーションを上げるために様々な方法を積極的に探している。ある夜、グロウイング・ボディ・スタジオでのマーティン・カークによるアヌサラヨガのワークショップであることを発見した。「自分のプラクティスに心から好きだと思えるところを探しましょう。そしてそれを深める探求をしましょう」とカークは彼女に言った。「その好きだという気持ちからプラクティスをすることで、その練習が自分の人生にインスピレーションを与えてくれるはずです」。


熱意を持ち、モチベーションを高く保つこの素晴らしいアドバイスは、ヨガの恩恵を完全な形で受けるためにも必要なことだ。ここではヨガに情熱を持ち続けるのに役立つアイデアを紹介する。実際に試してもいいし、あなた自身がもっといいアイデアを思いつくきっかけにしてもいい。

1.練習の目的を見つけよう

アメリカの熟練ヨガ指導者7人が実践する【ヨガのモチベーションを保つアイデア】とは
(Photo by BIGSTOCK)

「ヨガのプラクティスがつまらなくなったり、高みに達したように感じるときがあるものだ。これは、ハンドスタンドのような達成不可能に思えるようなポーズを完成させることに熱意を燃やすことで起こりうる」とブルックリンにあるグリーンハウス・ホリスティックのティーチャーであるアディ・カーター。「体がなしえることへの感謝を感じることや、自分の呼吸のシンプルな美しさを味わうことに専念することは、飽きずに練習を続ける助けになる」。カーターは、感謝とともに練習を始めるよう自分の生徒たちにアドバイスしている。「マットの上に乗るたびに、自分自身に問いかけましょう。私は人生で何を見たいのだろう?」。カーターは言う。「これはとても難しい問いですが、問うに値するものです。この答えを見つけることができたなら、ヨガのプラクティスへのエネルギーを、これを実現するために使うことに集中できるのです」。

たとえば、心と体の柔軟性を見たいとしよう。そうしたら、すべての関係性のなかに平安をつくるためのプラクティスに専念したくなるだろう。「どんな目的もヨガのプラクティスによって高められる。だから、いい目的を見いだそう」とカーターはアドバイスする。

ジョディ・ヴィセンタ・ヤコブソンは、カーターのクラス中、多くの時間を世界中の子供たちに愛を送ることに使っている。「立ち止まり、静かになって呼吸をすると、ヨガは自分よりもはるかに大きいものだと思い出します」と彼女は言う。「ヨガは、私の集中を外側に向けると同時に、内側にも向けさせてくれます。すべての瞬間が感動的です」。

Illustration by Annick Poirier
Translated by Mami Larch

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アメリカの熟練ヨガ指導者7人が実践する【ヨガのモチベーションを保つアイデア】とは
アメリカの熟練ヨガ指導者7人が実践する【ヨガのモチベーションを保つアイデア】とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する