壁や床を効果的に使って「木のポーズ」をマスターする方法

KATRINE NALEID

壁や床を効果的に使って「木のポーズ」をマスターする方法

木のポーズでバランスをとることを 練習し、自分にとっての真のアラインメントを見つけよう。

木のポーズの手順

木のポーズを完全習得するためのプラクティス
(Photo by KATRINE NALEID)

1. 山のポーズで立つ。足指を広げ、床に両足を根ざし、脚の筋肉を引き締める。腰骨の前を肋骨下部のほうへ下腹部にゆるやかな引き上げが感じられるまで上げる。息を深く吸って、胸をふくらませ、息を吐いて肩甲骨を引き下げる。まっすぐ前を見てドリシティ、すなわち安定した凝視点(上のコラム参照)を見つける。

2. 両手を腰骨に置き右足を左腿の高 いところへ置く。いったん止まってポーズを落ち着かせ、どこかに緊張があればそれをゆるめる。次に右腿をできるだけ大きく、骨盤が脚と一緒に回り始めるまで開いていく。骨盤を右へねじらずにどれだけ膝を開くことができるか試してみよう。

3. 膝を開いた後で骨盤をニュートラルな位置に戻し、正面にそろえる。このようにして何度か行ったり来たりする。真のポーズを見つけたら止まって両手を胸に。安定していると感じたら、両手を頭上へ。このとき後ろへ引きすぎると後ろ側に転ぶことがある。両腕を太陽に向かう枝のように伸ばす。その木に呼吸を入れて、根、強い幹、そして満開の花を一体化させよう。 

  • 3
  • /
  • 3

Model by Chad Herst
Translated by Chami
yoga Journal Vol.22掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

木のポーズを完全習得するためのプラクティス
木のポーズを完全習得するためのプラクティス
木のポーズを完全習得するためのプラクティス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する