壁や床を効果的に使って「木のポーズ」をマスターする方法

KATRINE NALEID

壁や床を効果的に使って「木のポーズ」をマスターする方法

今度は壁を、サポートそして股関節の開き具合を探索するツールとして使って、立位で木のポーズを練習しよう。

壁を使った木のポーズの手順

木のポーズを完全習得するためのプラクティス
(Photo by KATRINE NALEID)

1. 背中を壁につけた山のポーズで始める。深く息を吸って両足を床に根ざし、太腿の筋肉を引き締めて両脚を強くする。両手を腰骨に置き、骨盤をまっすぐ前に向ける。右足をできるだけ高く左腿の内側へ上げる。足と太腿を互いに押して安定させる。

2. 右腿を外側に回して後ろの壁の方向へ押す。このとき骨盤が右へ引っ張られる感じがするが、最初はそのままにしておく。曲げた膝を外側に押し続けて、完全に壁のほうへ向け、骨盤がどれだけ開いているか確認する。

3. 次に、立っている脚を力強く安定させて、腰がまっすぐ前を向くまで真ん中に戻す。膝は必要なだけ前に出しておく。このアクションが真の股関節の開き具合を教えてくれるだろう。このポジションを保つためにどの筋肉を収縮させているか感じてみよう。反対側を試してみれば、両腰で開く角度がやや異なっていることを理解できるだろう。

Text by Annie Carpenter
Model by Chad Herst
Translated by Chami
yoga Journal Vol.22掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

木のポーズを完全習得するためのプラクティス
木のポーズを完全習得するためのプラクティス
木のポーズを完全習得するためのプラクティス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する