本場スリランカのアーユルヴェーダ解毒プログラム「パンチャカルマ」体験レポート ♯2

NOBUE SUZUKI

本場スリランカのアーユルヴェーダ解毒プログラム「パンチャカルマ」体験レポート ♯2

鈴木伸枝
鈴木伸枝
2019-01-31

私が滞在した「Jetwing Ayurveda Pavilions」でのコンサルテーションは、基本的に英語で行われます。ホテルには日本語を話すスリランカ人通訳の方が1名いるので、その方にサポートして頂くことも可能です。私は初回のみ通訳に入って頂き、その後は通訳無しで受けていました。先生は日本語を勉強されているらしく、簡単な日本語の単語も交えながら説明をしてくださるので、通訳なしでもコミュニケーションを取ることができました。ただ専門用語の英語はまったくわからないので、Google翻訳を使いました。今回の旅は、本当にGoogle翻訳が大活躍しましたね。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パンチャカルマ
脈診
脈診
問診
トリートメント
Dr. デニッシュ・エディリシンハ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する