ゲッターズ飯田が占断「2019年開運ヨガ生活」

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ゲッターズ飯田が占断「2019年開運ヨガ生活」

芸能界最強の占い師・ゲッターズ飯田さんが、あらゆる占術を組み合わせて編み出した五星三心占い。その占いが示す、2019 年の開運キーワード2つにヨガがピッタリ!? ほか、2019年開運ヨガ生活のポイントなどを教えていただきました。

幸運をつかむには戦略的に考えて行動することが大事

―――2019年は、どんな年になるのでしょう。まずは、全体の流れからゲッターズ飯田さんに聞いてみました。

「今年は、時代を超えて受け継がれてきた伝統的な物事が見直される流れになります。たとえば、古くから親しまれてきた日本の古典芸能や和服、和食などが広く見直され、世界的に注目を集めることになりそうです。また、マイノリティな人が評価されるようになり、新たな芸や風変わりな占いなど、ちょっと変わった表現にもフォーカスが当たりやすくなります。それから、何においても『上か下』の二極が好調で、中間層が苦戦しやすい年に。そこそこの質と価格のものより、質が高くて高級か、極端にチープなものが支持されます。年齢的にも若い10代、ベテランの40代以降が活躍し、20〜30代が苦労しやすいので、その世代は未成年か年配の人たちのサポート役を買って出ると、運気の流れが良くなります。経済面では、2018年末からお金の動きが変わり始めています。特に、中国でお金が活発に動く兆し。経済状況を見極め、少し先読みしてアクションを起こすと、お金のチャンスが巡りやすくなります」

―――そうした流れの中で、幸運をつかむには、どんなことを意識して過ごすといいでしょう?

目標を決めて、しっかり戦略を立てて動くことが大事です。戦略は戦いを略すと書きますが、その言葉のとおり、まわりと争うことなくいかに自分のポジションを築き、仲間をつくっていくかが運気の分かれ目に。自分がどうなりたいかを具体的に考え、計算して賢く動くことが幸運をつかむコツです。うまくいかない人は戦略を立てずに、ただ頑張るだけで何とかしようとする人が多いですね。戦略を立てるうえでは、五星三心占いで自分と同じタイプだったり、占いにかぎらず自分と似ているタイプで成功している人をロールモデルにすると、良案が浮かびやすいといえます」

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.63掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する