悩みを誰かに話すことはなぜ重要なのか|ヨガの視点から考える

BIGSTOCK

悩みを誰かに話すことはなぜ重要なのか|ヨガの視点から考える

櫻井麻美
櫻井麻美
2019-01-04

自分の状態を理解すると、どうしたらいいかがわかる

自分の悩みの種がわかれば、それに対してどのように対処すればいいのかが見えやすくなります。とっても深刻な悩みのような気がしていたけれど、人に話してみると案外どうでもいいことだったと気づけば、もう悩む必要はなくなるでしょう。また、何か具体的に対処できそうな悩みだったら、行動に移せばいいのです。悩んでもどうしようもない、変わりようのないことに悩んでいると気づいたら、なんて無駄な時間を過ごしていたんだろうと気づくかもしれません。漠然としていたものをはっきりと見ることで、一歩先に進むことにつながるでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する