食べ過ぎ防止にも!ストレスを抑えるシークエンス

DAVID MARTINEZ

食べ過ぎ防止に!ストレスホルモンを抑える16のヨガポーズ

1日のはじまりに、気合を入れたい日の朝におすすめのシークエンス。体を活性化させるこのシークエンスは、代謝を上げるのはもちろん、ストレスホルモンを抑えてくれる。

プラクティスの目的

元気になれるこのシークエンスでは、活動と静寂、体の巡りを良くして内臓を刺激する動きを短いスパンで交互に体験する。また、この練習は、神経をリラックスさせ、ストレスホルモン(慢性的に増加傾向にあると緊張や不安、食べ過ぎなどのもとになるコルチゾールやアドレナリンなど)を抑える効果もある。

心身ヘの効果

主要な体の組織と器官に血液と栄養が正常に流れているとき、体は驚くべき自己修復力と自己メンテナンス力を発揮する。このシークエンスでは効率よく食物を消化し、体内のエネルギーストックを増やす。そうすることで、体が本来持っている自己修復やメンテナンスをするシステムの力をさらに高めることができる。

ポーズのキーポイント

この練習の恩恵を最大限に受けるためには、激しい動きのときも簡単な動きのときも、リラックスしているようにしよう。もし首や肩など体に緊張を感じたら、意識的にその部位をゆるめ、ポーズの合間の時間に身を委ねる。リストラティブポーズではリラックスし、山あり谷ありのこの練習をこなせると信じよう。

練習を始める前に

太陽礼拝を数回行って、血流と心拍数を少し上げておこう。

Model by Tiffany Cruikshank
Styling by Lyn Heineken
Hair&make-up by Josefine Wissenberg(Arubri Balk Inc,)
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.38掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ストレス 食べ過ぎ 仰向けのコアポーズ
食べ過ぎ防止 ストレス ハイランジ
ストレス 食べ過ぎ防止 アド・ムカ・シュヴァーナーサナ(ダウンドッグのバリエーション)
食べ過ぎ防止 ストレス ヴィーラバッドラーサナI(戦士のポーズIのバリエーション)
食べ過ぎ防止 ストレス エーカパーダラージャカポターサナ(片脚を伸ばした鳩のポーズ)
食べ過ぎ防止 ストレス ターボドッグ
食べ過ぎ防止 ストレス アド・ムカ・シュヴァーナーサナ(ダウンドッグのバリエーション)
食べ過ぎ防止 ストレス スケーターポーズ
食べ過ぎ防止 馬のポーズ ストレス
食べ過ぎ防止 ストレス プラサリタ パードッターナーサナ(立って両脚を伸ばすポーズ)
食べ過ぎ防止 ストレス プランク
食べ過ぎ防止 ストレス ウールドゥヴァ・ダニュラーサナ(上向きの弓のポーズ)
食べ過ぎ防止 ストレス 肩立ち ショルダースタンド
食べ過ぎ防止 ストレス 魚のポーズ
食べ過ぎ ストレス スプタ・バッダ・コナーサナ(横たわった合せきのポーズ)
食べ過ぎ防止 ストレス 瞑想
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する