YOGA PEDIA|ジャタラパリヴァルタナーサナからパールシュヴァバカーサナへのステップ

Rick Cummings

YOGA PEDIA|ジャタラパリヴァルタナーサナからパールシュヴァバカーサナへのステップ

ヨガジャーナルアメリカ版から、毎回異なるポーズをご紹介する「YOGA PEDIA」。今回は、ジャタラパリヴァルタナーサナから パールシュヴァバカーサナへのステップや軽減ポーズをご紹介します。教えてくれたのは、サンタフェのプラジュナヨガの創始者である、ティアス・リトル先生。

ジャタラパリヴァルタナーサナとは

ポーズの由来:jathara = 腹部 parivartana = 十分にねじる asana = ポーズ
腹部のねじりのポーズ
ポーズの効果:体幹芯部に柔軟性と力強さを生む。腹部をねじり、「絞る」ことによって内臓全体の血行を改善する。

完成までのステップ

1. 仰向けになり、膝を胸に引き寄せる。呼吸を数回繰り返して、腰の結合組織を伸ばす。

2. 腕を肩の高さで横に伸ばし、手のひらを上に向ける。息を吐きながら、膝を右に倒し、右肘のほうに引く。

3. 左腕を脚の反対側によく伸ばし、ツイストのカウンターポイント(対称を成してツイストを強調させる点)にする。左腕がサンドバッグで押し下げられていると想像しよう。同時に、左肩甲骨を床にしっかりおく。

4. 息を吐くたびに、腹部を左にねじり、膝から離す。(少し背を反るときのように)腰椎を積極的に内側に引くことによって、腰を活性化させ続け、体幹芯部を安定させてツイストを深める。

5. 呼吸をするたびに、皮膚、結合組織、内臓、背骨がどのようにねじれているか感じよう。30秒間保ったら、膝を中央に戻す。反対側でも行う。

ジャタラパリヴァルタナーサナ
ジャタラパリヴァルタナーサナ/Photo by Rick Cummings

 

NG:膝を骨盤より下におかないこと。腰に圧力がかかり、腰椎が損傷を受けやすくなる。膝が引き上げられていると、背骨、傍脊柱筋群、内臓をほどよくツイストできる。

ジャタラパリヴァルタナーサナのNG
ジャタラパリヴァルタナーサナのNG/Photo by Rick Cummings

 

NG:左腕と左肩甲骨を床から離さないこと。ツイストのカウンターポイントがなくなって、肩、首、背骨の上部が損傷を受けやすくなる。

ジャタラパリヴァルタナーサナのNG
ジャタラパリヴァルタナーサナのNG/Photo by Rick Cummings

Photos by Rick Cummings
Model by Tias Little
Styling by Jessica Jeanne Eaton
Hair&make-up by Beth Walker
Translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ジャタラパリヴァルタナーサナ
ジャタラパリヴァルタナーサナのNG
ジャタラパリヴァルタナーサナのNG
ジャタラパリヴァルタナーサナの軽減ポーズ
ジャタラパリヴァルタナーサナの軽減ポーズ
ジャタラパリヴァルタナーサナの軽減ポーズ
パリヴルッタウトゥカターサナ
パリヴルッタパールシュヴァコーナーサナ
パシャーサナ
パールシュヴァバカーサナへのステップ
パールシュヴァバカーサナへのステップ
パールシュヴァバカーサナへのステップ
パールシュヴァバカーサナへのステップ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する