【三角のポーズ上達】硬さを克服し下半身を安定させる3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

【三角のポーズ上達】硬さを克服し下半身を安定させる3つのワーク

硬さ克服のプレワーク

その1.股関節をゆるめて左右の体側を伸ばす

足裏を合わせて座り、両手で足先を持つ。左の体側を引き上げながら右の坐骨を浮かしてキープ、ゆっくり下ろす。左右5回ずつ。

pre1
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
pre1-2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

NG:坐骨を浮かせたときに、反対側の体側が縮まないように注意。

pre1-3
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

その2.軸足に体重を残したまま横に傾くプラクティス。

膝立ちから右膝を伸ばし、足先を右へ。右手は脚の上におく。左手を上げ、左脚に体重をかけ上体を右へ倒して5呼吸。反対側も。

POINT:お尻が後ろかに出ないように、手で足を押しつけない

pre2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

その3.壁を使って体を真横に開く感覚をつかむ

壁に向かって立ち、壁の角に右足をかけてトリコナーサナのポーズをとる。体と胸の開きを確認し、重心位置を体にインプットして。

POINT:前足の上に肩がくる

pre3
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1
pre1-2
pre1-3
pre2
pre3
1
2
3
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する