ヨギ同士の集まりに!アーユルヴェーディックなごちそうレシピ

REBECCA STUMPF

ヨギ同士の集まりに!アーユルヴェーディックなごちそうレシピ6選

ピクルスの酸味とクリーミーソースのマイルドな甘味、そして深いギーのコクを味わおう。

ヨギ同士の集まりに!アーユルヴェーディックなごちそうレシピ6選
左上から、マッシュポテト、焼き豆腐のクリーミーソース、ピクルス(Photo by REBECCA STUMPF)

芽キャベツと赤玉ねぎのピクルス

土っぽい香りのある芽キャベツに赤玉ねぎのピクルスがピリリとした香味をプラス。苦みと辛み、酸味のコンビネーションがカパ体質にぴったりのひと皿。ピッタ体質、ヴァータ体質も時々なら楽しめる。芽キャベツは、抗がん作用のあるグルコシノレート含有量がケールやキャベツと並んでトップレベル。骨の健康に欠かせないビタミンKも豊富。

材料(8人分)

  • 砂糖…1/4カップ
  • ホワイトビネガー…1/2カップ
  • 赤玉ねぎ…1カップ(薄切り)
  • 芽キャベツ…4カップ(半分に切る)
  • オリーブ油…大さじ3(分けておく)
  • 塩…小さじ1/2
  • 黒こしょう(粉)…小さじ1/2

作り方

  1. 浅めのボウルに砂糖、ホワイトビネガーを入れてよく混ぜる。赤玉ねぎを入れて一晩、最低でも45分漬けて水を切る。
  2. 大きめの鍋に水6カップ(分量外)を入れて強火で沸騰させる。芽キャベツを入れ、鮮やかな緑色になってやわらかくなるまで3分茹で、冷水にとってからざるに上げる。
  3. オーブン可の鍋にオリーブ油大さじ1を入れ中火にかける。赤玉ねぎを加え、透明になるまで4分炒めてとり出す。残りのオリーブ油を入れ、芽キャベツを加えてところどころに焦げ目がつくくらいまで5分炒める。
  4. 180度に予熱したオーブンに鍋を入れ、芽キャベツが飴色になるまで8〜10分焼く。赤玉ねぎ、塩・こしょうを加えて混ぜる。

栄養成分
74㎉(1人分)
脂質5ℊ、炭水化物6ℊ、食物繊維2ℊ、タンパク質2ℊ、ナトリウム157㎎

 

焼き豆腐のスパイシークリーミーソース

渋味と辛みのバランスがいいマイルドな味わいでヴァータ体質、ピッタ体質におすすめ。カパ体質の人は時々食べる程度に。焼き豆腐は寒い季節、どんな体質にもいい。ブラウンマッシュルームやしいたけは免疫システムをサポートする成分が含まれている。また、しいたけは循環器系への好影響が研究されている。セージに含まれるローズマリー酸は炎症を抑える。

作り方(8人分)

  • 無塩バター… 大さじ6(分けておく)
  • エシャロット…大さじ4(みじん切り)
  • しいたけ、ブラウンマッシュルーム、ポートベロマッシュルーム…合わせて4カップ(みじん切り)
  • 白ワイン…1カップ
  • パセリ(生)…大さじ4(みじん切り)
  • 焼き豆腐…900ℊ(1.3㎝幅の薄切り)
  • ギー(精製したバター)…小さじ1
  • にんにく…小さじ1
  • 高脂肪の生クリーム…1カップ
  • グリーンペッパー…小さじ2
  • マスタード…小さじ2
  • セージ…小さじ2(みじん切り)
  • 赤パプリカ…大さじ4(みじん切り)

作り方

  1. 小鍋にバター大さじ4を入れ、弱火で溶かす。エシャロットを加え、フタをする。ときどき混ぜ、エシャロットが透き通るまで5分加熱し、きのこ類を加える。フタをしてきのこ類から水分が出るまで10分加熱する。フタをとり、中火にして時々混ぜながら水分がなくなるまで4分加熱する。
  2. 白ワイン1/2カップを加え、焦げないように混ぜる。水分がなくなるまで加熱する。火を止め、塩・こしょう(分量外)で味付けし、パセリを加え、フタをする。
  3. 焼き豆腐に塩をふる。耐熱皿をオーブンで温めるか鉄のフライパンを中火にかける。ギーを入れ、豆腐を加え、2〜3分焼いたらひっくり返して両面に焼き色をつける。
  4. 鍋に残りのバターを入れ、弱火で加熱して溶かし、にんにくを加えて香りが立つまで20秒加熱する。残りの白ワインを加え、水分がなくなるまで加熱し、クリーム、グリーンペッパーを加え、もったりするまで2〜3分木のスプーンでかき混ぜる。マスタードとセージを加えて混ぜ、火を止める。塩・こしょう(分量外)で味を調える。
  5. 皿にキノコ類を盛り、豆腐をのせ、クリームソースをかけて、赤パプリカを散らす。

栄養成分
509㎉(1人分)
脂質8ℊ、炭水化物11ℊ、食物繊維1ℊ、タンパク質2ℊ、ナトリウム330㎎
 

マッシュポテト

伝統的な料理が、アーユルヴェーダの重要なアイテムのひとつであるギーの豊かな風味で新しい味わいに。マイルドな乳製品をベースにしたひと皿はピッタ体質のバランスをとる。ヴァータ体質、カパ体質の人は、適度に食べよう。草を食べて育った牛のミルクからつくるギーは、免疫系を強めるフェノール酸化防止成分を含んでいる。

材料(8人分)

  • じゃがいも…450ℊ(皮をむき1/4に切る)
  • 牛乳…3/4カップ
  • ギー…1/4カップ
  • 塩…小さじ1
  • 黒こしょう…小さじ1/2

作り方

  1. 鍋に塩と水(分量外)を入れ強火にかける。ジャガイモを加え、沸騰したらとろ火で15分茹でる。フォークでつぶせるくらいまでやわらかくする。湯を切り、じゃがいもをボウルに入れる。
  2. 鍋に残りの材料をすべて入れ、弱火で加熱し、沸騰直前で火を止める。じゃがいもを加え、全体がなめらかになり、少し食感が残るくらいまでつぶす。

栄養成分
122㎉(1人分)
脂質8ℊ、炭水化物11ℊ、食物繊維1ℊ、タンパク質2ℊ、ナトリウム330㎎
 

  • 3
  • /
  • 3

Recipes by Jeremy Rock
story by Hillari Dowdle Smith
photos by Rebecca Stumpf
Translated by Mami Larch

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨギ同士の集まりに!アーユルヴェーディックなごちそうレシピ6選
ヨギ同士の集まりに!アーユルヴェーディックなごちそうレシピ6選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する