気分がアガらない日に|元気をチャージする3つの方法

Getty Images

気分がアガらない日に|元気をチャージする3つの方法

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-11-12

2.セルフマッサージをしよう

「怪我の手当て」などで使われる「手当て」とは、治療の意味も含まれますが、文字通り捉えれば「手を当てる」こと。人間は、手を当ててもらい人の温もりを感じるだけで元気になれます。例えば、バレーボールの試合でハイタッチをするのは、気合いを入れるだけでなく、精神的安定に繋がるとも言われています。手当ては自分で自分に手を当ててあげるだけでも効果があります。特に手は触覚が鋭いので、ハンドマッサージがオススメです。手のひらの中心にある「労宮」というツボを押すと、ストレス解消や全身の活力アップに効果的。労宮の位置は、片方の手を握ってこぶしを作り、もう片方の手にあてた時に、中指と薬指があたる間あたり。反対の手の親指の腹で、10回ほど心地よく指圧してみましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する