患者気分になりたくない人向け。感覚にアプローチする3つのセラピー

PIXTA

患者気分になりたくない人向け|感覚にアプローチする3つのセラピー

MEGHAN RABBITT
MEGHAN RABBITT
2017-12-08

アート&ミュージックセラピー

身体的、感情的なニーズに対処するために芸術と音楽を使うことは、まるで午後を過ごすすばらしい方法のように思えるかもしれない。しかし、これらの芸術的な干渉が、広範囲にわたる利益を供給できることを示す研究は増えつつある。『Psych- Oncologyo』の記事によれば、がん患者に芸術を通して自己を表現する機会を与えることは、彼らが治療に関連する症状に対処する助けになることが12の研究によって明らかになった。新生児の集中治療室で落ち着く音を流すことから、パーキンソン病の患者に直接低周波音(振動)を利用することまで、ミュージックセラピーは症状を改善する役に立つ。

Translated by Mami Larch
Yoga Journal Japan46号

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する