ヨガマットの選び方|値段による違いと特徴まとめ

Getty Images

ヨガマットの選び方|値段による違いと特徴まとめ

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-11-08

その代わり、厚みのあるヨガマットは薄手のヨガマットより重くなりますので、持ち運びには適しません。またクッション性があるぶん、片足で立つポーズなどのバランスポーズで足裏に不安定さを感じる人も。
さらに、似たような価格帯のマットでも、プリントなどの加工が施されていたり、素材の密度が違ったり、独特のプラスチック臭を軽減する工夫がされていたりと、各ブランド、メーカーによっての目には見えないこだわりが隠れています。

1万円以上する高級ヨガマットは何が違う?

1万円以上するヨガマットは、厚み、グリップ、品質、すべてにおいてパーフェクト。毎日ハードに練習をしても傷がつきづらく、クッション性がへたることもありません。ほどよいグリップもあり、手元や足元のすべりでポーズに集中できないということもほぼないと言ってよいでしょう。重厚感があるため持ち運びには適しませんが、まさに一生使い続けられる愛用品になることは間違いなし。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する