あなたにぴったりな「塩」は?アーユルヴェーダ的おすすめ塩6選

YJ US

あなたにぴったりな「塩」は?アーユルヴェーダ的おすすめ塩6選

ヴァータのための塩味

ヴァータは風と空なので、地に足を付けるには暖かく湿った重いものが必要だ。だから塩味が理想的なイコライザーになる。塩味の摂取はヴァータの涼しく乾燥した要素のバランスを保つのに役立つ。活動的で密接に繋がった文化は、多くの人々に対して過度なヴァータを作り出す。「適量な塩味の質、油分、熱、重さでヴァータのバランスを整えることができます」とスピアーは言う。

ピッタのための塩味

ピッタと塩味の要素は同じ火と水だ。塩味を加えるのは、このドーシャを悪化させる。これは暑い夏の間には顕著だ。冷やすためには、ゴーヤや葉物野菜のような少量の苦味を加える必要がある。

カパのための塩味

土と水からできているカパは、安定して湿気があり、冷たい。このドーシャに合う味を最適化するためには、暖かく、少し乾燥したものを選ぶ。だからどうぞ料理に塩を振り掛けて。ただ使い過ぎないように。塩味の一つの性質として、カパが不調を感じる原因となる水分貯留があるためだ。「過剰な塩は、溶岩を内に持つようなもので、カパとピッタを悪化させ、皮膚発疹、消化器系の問題、過剰な熱さを感じる等の問題を引き起こします」とスピアーは言う。
 

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

塩
ヒマラヤ塩
黒塩
ミネラル塩
海塩
海藻
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する