あなたにぴったりな「塩」は?アーユルヴェーダ的おすすめ塩6選

YJ US

あなたにぴったりな「塩」は?アーユルヴェーダ的おすすめ塩6選

アーユルヴェーダでは、適切な「塩」をほどよく使用することは、ドーシャのバランスを整えるのに役立つとされている。マイルドなソーマ・ソルトから火のブラック・ソルトまで、人気の6種類の塩を紹介!

塩はいわれのない非難を受けているが、アーユルヴェーダでは、程よい量の適切なタイプの塩は非常に健康に良いとされている。

「体内から老廃物を排出し、消化を助け、結腸の痛みを和らげるのに役立ちます」とハイディ・スピアーは言う。彼女はKripalu Center for Yoga & Healthの教員で、メディテーション・コーチ、”Ayurveda Made Easy: 50 Exercises for Finding Health, Mindfulness and Balance”の著者だ。

アーユルヴェーダでは、塩味は6種類の味分類の一つ(塩味、甘味、酸味、辛味、苦味、渋味)。古代のアーユルヴェーダの記述には、海塩や岩塩のようなものも記されている。「食事には塩が必要です」とニューヨークシティのレストラン”Divya’s Kitchen”のシェフで、”What to Eat for How You Feel: The New Ayurvedic Kitchen”の著者、ディヴャ・アルターは言う。「塩はすべての味覚をきちんと味わえるようにします。それぞれの味覚には精神的、肉体的な機能があるのです」

でも、まだ「塩」と仲良くしないで。目標とするのは、あなたのドーシャを見つけ、それに応じて適切な塩を選び、体の均衡を保つこと。塩の本来の要素である火と水がドーシャに影響を与え、各ドーシャに異なる作用を及ぼしているからだ。

塩のチェックをする前に、まずは自分のアーユルヴェーダの体質がわからない人は、
こちらをチェック→『あなたはどのタイプ?アーユルヴェーダ体質診断』

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

塩
ヒマラヤ塩
黒塩
ミネラル塩
海塩
海藻
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する